Stylewarsレール王者はフレンチ・カナディアン高校生コンビに!

オーストラリアで開催中のStylewars(スタイルウォーズ)のレール大会『Stylewars Stairmaster 2009』は、共にフレンチ・カナディアンの高校生のセバスチャン・トータントとチャールズ・リードが仲良く優勝賞金$5000を分け合った。

優勝賞金を仲良く分け合ったトート&チャーリーの仲良しコンビ。

今大会は、悪天候により予定よりも、コンペティション期間が長くなっていた。

ジャム形式のレール大会は、ナイト・セッション。28段ものダウン・フラット・ダウン・レールで争われた。

30分のジャムセッションの中、セバスチャン・トータント、チャールズ・リードは共に、ギャップ・トゥ・270インを完璧に決めて、観客を魅了した。

そして、彼らのハイ・パフォーマンスにジャッジを悩ませた。
最終的には延長のセッションなども考えられたが、結果は、どちらも甲乙付けがたいということになり、共に優勝ということになった。

ヘッド・ジャッジを勤めたメル・シンプソンズは、
「長年多くの大会のジャッジングをしてきたけど、これほど難しいジャッジングはなかったよ。」
と、コメントした。

また同じくカナダ人ライダーのマーク・ソラーズも、ギャップ・トゥ・270インやフロント・ボードを完璧に決めてみせて、見事ベスト・トリック賞に輝いた。

「レールのサイズは大きかったし、もの凄く楽しかった。これほど楽しいコンテスト、これまでになかったよ。」
と、マークは喜びのコメント。

本日は、TTRツアーの4つ星ランク大会のスロープスタイルが行われる。 

左チャールズ、右セバスチャンのライディング。                          photo by A.Roberts

 
http://www.stylewars.com.au