Stompede速報

ウィスラー春大会のStompedeで、残念ながら天池いずみは表彰台に上れなかった。

本日の決勝では、4本滑りそのベスト・ランで争われた。
天池は2本目にスムーズに決めたランがあり、これで表彰台は確実か、と思われたが、結果は5位だった。
成績を見ると、スムーズなメイク以上に、多少上体あ暴れてもよりアグレッシブに難易度高い技で攻め、また過激なアイテムを選んだ選手が上位に来たような傾向があるように思えた。(注:今年発売されるPeak#03であなたが最終ジャジメントをしよう!)

男子は、昨夜のビッグ・エアー大会の2位のクレイグ・ビューリーが優勝。
レールで誰よりも難易度の高いトリックを決めたNomis若獅子のジェド・アンダーソンは2位だった。

この大会の模様は、今年発売を予定しているPeak#03でお届けする模様だ。
優秀なトリックを集めたダイジェスト版を見て、ぜひこの大会の楽しさやユニークさを体感してみよう。


これがStompedeの会場。あなたなら、どう攻める?


左)世界トップ・レベル、日本女子では最高峰クラスを実証するようなライディングを見せてくれたが良い結果はせず。その真実はPeak#03で披露されるだろう。
右)フロントサイド側からバックサイドで270イン(ハード・ウェイ)でレールをこなす優勝したクレイグ。コイツはうま過ぎる!
ちなみに中井孝治は昨日のビッグ・エアー大会でクレイグが勝つことを予想していたそうで、クレイグは見事に2位に入った。まだ日本では無名だけど、相当の実力者。

Stompede Final Reults
April 12, 2007 at Whistler,BC
Men
1 Craig Beaulieu
2 Jed Anderson
3 Mike Osachuk
4 Charles Reid
5 Jon Versteeg
6 Jon Versteeg
7 Matt Belzile
8 Jermy Cloutier
9 Logan Short
10 Dennis Bannock
Women
1 Molly Milligan
2 Stephanie Just
3 Joanne Dzierzawski
4 Leanne Pelosi
5 Izumi Amaike
6 Ntasza Zurek
7 Alex Duckworth
8 Vanessa Stark
9 Bev Vullieumier
10 Dominique Vallee


http://www.whistler2007.com/2007/wso/