今さら聞けない!?スノボー基本用語集②「スイッチ」

 

スノーボードの用語って、ちょっとわかり難い。
わかっている人に聞くとあたり前のことでも、最近、始めた人にはチンプンカンプンな用語ばかり。長くやっている人でも、スノボ用語に無頓着なら知らない言葉って多かったりするものだ。
そもそもエアーって何?フロントサイドってどっち側? スイッチの本当に意味は?
また、マテリアルに関する用語で、トップシートとかベースプレートって何のこと?

そんなスノーボードの専門的な用語がわからない、という方のために!
今さらちょっと聞きにくい!?スノーボードの用語集をご紹介します!

スイッチ

スイッチってなんか電灯のスイッチのようなニュアンスに聞こえるけど、何?
答えは、通常自分が滑っているスタンスとは逆向きになること。

例えば、いつも左足を前にして滑る人は、レギュラースタンスと呼ばれるけど、逆向きになって滑ることをスイッチで滑るという。またはスイッチ・ライディングという言い方もOK!

今ではあまり言わなくなったけど、以前は逆向きに滑ることを「フェイキー」と呼んでいたこともあり、今でもスイッチ=フェイキーということで使っている人も多い。

だけど、さらにマニアックな人になると、スイッチとは、そもそも逆向きになる動作なので、例えば通常のスタンスから180ジャンプする行為のことを言う方も。

まあ、どっちにしても現在のスイッチの使われ方は、逆向きスタンスで滑るという使い方が多い。

 

使い方例:
スイッチスタンス ※逆向きスタンスのこと。
スイッチバックサイド180 ※スイッチからバックサイドで180を回るトリック。着地がレギュラー(ノーマルのスタンス)になることで比較的やりやすいことから、結構、多くのフリースタイラーから
スイッチバックバインディング ※プロ・スノーボーダーのホルダー・ヘルガソンが始めたビンディング(バインディング)ブランド。パーツを付け替えることができる特徴を持ち、派手なパステルカラーでフリースタイル・ライダーたちに人気が高い。

こちらのコーナーでは、みなさんからのスノーボード用語に関する質問を受け付けています。
お気軽にご質問ください。
e-mail: info@dmksnowboard.com