スノーボード学の実力を測る!2019期末試験 問題⑨と⑩の答え

スノーボード学の実力を測る!2019期末試験

問題⑨
スノーボードの海外メーカーと直接契約し、そのメーカーの商品を販売できる権利を持っている会社のことを何と呼びますか。
以下の中から答えなさい。 (3点)/67
A)並行屋
B)代理店 
C)直販ショップ
D)ネットショップ

⑨の答え:代理店
⑩の答え例:ハスコエンタープライズ、アドバンスマーケティング、マニューバーライン、サーチディスリビューション、フィールドゲートなど

スノーボードの代理店は、通常、いくつかのブランドを販売しています。
日本で主な代理店としては、ハスコ・エンターブライズアドバンス・マーケティングマニューバーラインなど。
ホームページを検索すると、驚くほど様々なブランドの代理店業務を行っていることがわかるでしょう。
ちょっとレアなケースでは、1つのブランドを2つの代理店で行うことも。
例えば、ある代理店はボード(板)を担当し、ある代理店はウェア販売を担当するなど。
海外メーカーから日本の代理店へ、そしてショップから一般ユーザー(お客様)にというのが通常の販売の流れになっています。