作家「東野圭吾」発起人SNOWBOARD MASTERS結果

 

作家「東野圭吾」が発起人となったコンテストSNOWBOARD MASTERSが今年も開催。

東野氏は1シーズンに最低でも30回以上はすべりに行くほどのスノーボード好き。昨今、東京ドームの大会の消滅するなど、国内での大会が沈下する中、このままではいかん!という東野氏の思いで実現。国内最高峰とも言われいる賞金も、東野氏が作家などで活躍して得た報酬から、出している。

ジャンプやフリーランなど、それだけを競うコンテストは今までもあったが、SNOWBOARD MASTERS(スノーボードマスターズ)は、トータル的なスノーボードテクニックが問われるコンテスト。
気になる種目はふたつ。「バンクドスラローム」と「フリーライディング&ストレートジャンプ」だ。
それぞれの種目をポイントに換算して、合計ポイントで順位を決める。

男子で優勝した小西 隆文が、元々コンペティターながら現在はハートフィルムで撮影プロとして活躍するライダー、2位にはスロープ王の角野友基。
女子の方では、元ハーフパイプ、それからスロープスタイルで活躍し、現在はバンクド最速女王と言われる佐藤亜耶が優勝。
カテゴリーを超えた選手が出場でき、まさに日本のスノーボード、ナンバー1を決める興味深いリゾルトだ。

 

View this post on Instagram

 

Snowboard masters 2nd game 準優勝しました!最高の大会をありがとうございます🙏🙏🙏 コニタンさんかっけかったっす🔥

Yuki Kadonoさん(@yukikadono)がシェアした投稿 –

男子
1位 小西 隆文(200万円)
2位 角野 友基(70万円)
3位 稲村 樹(26万円)

女子
1位 佐藤亜耶(100万円)
2位 浅谷純菜(30万円)
3位 本多 未沙(10万円)