最新!SANDBOXヘルメットかぶりこなし例

 

ヘルメットのオシャレなかぶり方って、意外に伝わっていないようです。
そこで、最近、SANDBOXのSNSなどでライダーたちから寄せられた写真をいくつか、ご紹介しましょう。
多くのライダーは、ゴーグルのベルトをヘルメットにインするように付けていますよ。

ワーグワンとしてコンビネーション・トリックが有名なSHUKIが、ストリートに挑戦!
ツバなしのスケート・スタイルのヘルメットに、ワンポイントでWestbeachのロゴステッカーがカッコいい!

本国カナダのジュニアライダーのネコ・レイマーくんは、スペース柄を愛用。シンプルながらゲレンデで映えるカラーは、オススメ!飽きが来ないデザインでもあるので、ぜひ今季中にゲットしておきたい。

ウィスラーのローカルライダー、ハリソン・グレイは、カモ柄ブラックのヘルメットでシブく決めてくれています。

今季一押しのローズ柄のヘルメットを愛用している水田真依子。オシャレなライダーをシックに彩るアイテムだ。

私のSandboxとの出会い Sandboxかぶった理由

 

about Sandbox:
Sandbox(サンドボックス)は、カナダのレジェンド・プロスノーボーダーのケビン・サンサローンが、ムービープロダクションズとして、2004年に立ち上げられたブランド。
タレント性が豊かなライダーたちと数多くのシューティングを行っていたが、これまでの安全性一辺倒で遊び心のないヘルメットに不満を感じていた。
そこで 2007年、ケビンは、ファッションのエッセンスを強く打ち出したつば付きキャップ型のヘルメットをSandboxブランドとして発表!
このスタイリッシュなヘルメットは瞬く間にウィスラー・スキー場のローカルライダーたちに受け入れられた。
そして、スノーボーダーに留まらずオシャレに敏感なスキーヤーまでその勢いは波状!
Sandboxはセーフティさとファッション性を兼ね備えたヘルメットとして幅広く認知され、今、北米を中心に世界中にファンが拡大中だ。
スコッティ・バイン、ジェイミー・ニコルズなど、現在のスノーボードシーンを騒がす個性的なライダーが使用している他、カナダを代表するモーグルスキーヤーにも愛されている。
また平昌オリンピックでは、カナダ代表のローリー・ブルーアンが女子スロープスタイルで銀メダル獲得!
スロープスタイル&ビッグエアーの五輪種目で活躍した大久保勇利もSandboxヘルメットをかぶって、大きな話題となった。
2016年には女子最高峰のプロスノーボーダーの一人、マリー・フランス・ロイが所属するガールズライダー・スノーボード・ムービー、Full MoonにもSandboxはサポート。
彼女たちが映像の中でSandboxヘルメットを愛用する姿が紹介され、そのマリーたちの提案によってインパクト高いローズ柄のヘルメットもリリースされることになった。
Sandboは、レジェンドライダーであり、いつも滑り手のそばに寄りそうケビン・サンサローンが自らオーナーとしてオペレーションをしているからこそ、既存のスキー、スノーボードのヘルメットでは考えられなかったカラーリングやグラフィックを生み出している。カナダで最も人気が高いオシャレ・ヘルメットだ。

Sandbox Facebook
https://www.facebook.com/sandboxjapan

NEW!!! Sandbox Instagram
https://www.instagram.com/sandboxjapan/?hl=ja

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp


http://www.sandboxland.com