Sandbox 「ヘルメットはオシャレ・アイテムです!」

欧米では、スノーボード中に伴う転倒アクシデントから守るため、「ヘルメット絶対に付ける」ということが浸透している。

ヘルメットをしている人の方が、ヘルメットをしていない人よりも多いくらいだ。
しかし、日本ではまだまだ浸透していない。ヘルメットをしていることが、ファッション的にダサいと思われているようだ。

通常、ある程度、滑れるようになれば、滑走している時の速度は60キロにも達すると言われている。そんな中、ヘルメットなしで、ライディングするというのは、相当なリスクを伴うものだと言っていいだろう。毎年、重度の頭部の怪我をするスノーボーダー、さらには死亡する人まで出ている。

ヘルメットをしたからと言って必ずしも安全ではないが、怪我を防ごうとしてくれるのは確かだ。

そこで、カナダから生まれたSandboxは、往来の「ヘルメット=ダサい」から、「ヘルメット=カッコいい!」にチャレンジしている。

スピードを出しても気にならない小さめのツバ付きヘルメット
スケーター・タイプのヘルメット
さらに今季は、業界初のラスタ・カラーに透明感あるスモーキー・カラー

などなど、新しいデザインをどんどんリリースしている。

ヘルメットをファッションの一部として、ウエアのように楽しんでいただき、もう「ヘルメットはオシャレ・アイテムです!」と宣言します。

Sandbox お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@nomisdesign.jp


http://www.sandboxland.com/