X-Games BIG AIR マーク・マクモリス優勝!

35

激し過ぎるバトル!X-Gamesビッグ・エアーは、マーク・マクモリスがぶっ飛び過ぎるバックサイド・トリプルコーク1440で優勝!!

ビッグ・エアーで金メダル!バックサイド・トリプルコーク1440を決めたマーク・マクモリス。

ビッグ・エアーは、限られた時間、5本ランの中で、最高得点を2本で争うルール。
トップ2ランを狙う展開は、選手はよりチャレンジすることとなり、エキサイティングな闘いとなった。

その中で、終始、他を圧倒したのは優勝したのは、マーク・マクモリス。高さ、飛距離が抜群で、フラットの方まで飛び過ぎる。ドスンというもの凄い音でランディングし、迫力満点だ。この果敢な攻めに、観客もヒートアップ。特にバックサイド・トリプルコーク1440を決めた時には、大声援を受けた。

試合の展開としては、1位マーク・マクモリス、2位にセバスチャン・トゥータント、そして3位にこの日、クリーンに決めまくったセッペ・スミスが続いた。
セッペ・スミスは、この日、誰よりも失敗ランが少ないサイボーグぶりを見せていた。
それだけに5本ランすべて終わった後、3位に付けた時、銅メダルを確信したであろう。

しかし、その後に滑走したトースタインが怪物ぶりを発揮する。
超完璧にストンプ・ランディングするバックサイド・トリプルコーク1440を決めたのだ!
マーク・マクモリスの飛び過ぎた粗削りなスタイルと違って、トースタインは空中での姿勢を含めて完璧過ぎる演技。この最後のランで、トースタインは最高得点50点をもぎ取った。
2本目からはバックサイド・トリプルコーク1440を狙い猛チャージし続けて、最後に決める姿は、まさに男の中の男という感じ。優勝ではなかったが、この日、最もインパクトあるジャンプをして、最後に最後に決める役者ぶり。本人もさぞかし大喜びだろう。

そして、最後のエリック・ウィレットのランでもオチがあった。なんと、エリック・ウィレットも最後に高得点ジャンプを決めたのだ。その結果、1分ほど前まで3位を確信していたセッペ・スミスが最下位に。

しかも、2本の合計得点が、セバスチャン、トースタイン、エリック3者共に76点で誰が銀で銅だか、わからない事態になったのだ。

しかし、すぐに電光表示板は、銀トースタイン、銅セバスチャンを表示する。
その理由は、同点の場合、最高得点を出した者が上位に行くというルールがあったから。
かくして、最後のわずか1分の間に、大ドンデン返しのドラマが待っていたのである。

http://espn.go.com/video/clip?id=espn:7512701

http://espn.go.com/video/clip?id=espn:7512732

http://espn.go.com/video/clip?id=espn:7512738

Big Air Results

 
RANK

NAME

TOP 1 TOP 2 TOP 3 TOP 4 BEST 2
1

Mark McMorris

49.00 31.00 30.00 14.00 80.0
2

Torstein Horgmo

50.00 26.00 14.00 14.00 76.0
3

Sebastien Toutant

41.00 35.00 26.00 12.00 76.0
4

Eric Willett

39.00 37.00 11.00 11.00 76.0
5

Seppe Smits

35.00 33.00 32.00 24.00 68.0

 


http://espn.go.com/action/xgames/winter/2012/