US Openの歴史に再びショーン・ホワイト!

世界で最も歴史あり権威が高いと言われるUS Openのハーフパイプで、再びショーン・ホワイトが王者となった!
しかも今年のTTRツアーの最高ランキングまで獲得して、今年もやはりショーンの強さが際立った年となった。

やっぱりショーンは強かった・・・

40cmもの新雪が降った中で、記念すべき第25回目のUS Openハーフパイプ大会の決勝ヒートがスタートした。

ルイ・ビトが、高さあるバック・トゥ・バック1080を決めた。
ブラッド・マーティンが、最初のヒットでフロンサイド1260を決めた。
マイケル・ゴールドシュミトは、どデカいダブルグラブ・ミュート・シフティ・エアー・トゥ・フェイキーを決めてベスト・トリック賞を獲得。
まだ13歳のトレバー・ジェイコブは、フロントサイド540から、マックツイスト、さらにはフロントサイド900コンボまで決めて見せた。

昨年2位だったダニー・デービスは、ショーンのルーティーンを意識するかのように、フロントサイド1080、キャブ1080、バックサイド900、フロントサイド720、キャブ720という難易度高いトリックに挑んだ。しかし、ボトムでややスピードが失速したか、ショーンほどの高さが出ないで2位になった。しかし、ながら「オレもショーンと同じトリックができる!」とのメッセージを含めたようなルーティーン、攻める姿勢はあっぱれ!

ショーン・ホワイトは圧倒的な実力を見せ付けた。
ダブルオーバーヘッドのフロントサイド1080、キャブ1080、フロントサイド900、バックサイド900、フロントサイド720、スイッチ・アーリーウープ・バックサイド・ロデオ720というルーティーンだった。
あいかわらずのR使いのマジシャンで、難易度の高いトリックをやっても着地からうまくスピードに乗せてしまう。本当に強い!という印象を受けたし、世界最高峰ライダーであると改めて見せ付けた。

そして、長いUS Openの歴史の中でも2年連続優勝は初の快挙である!
さらにはTTRツアーでも最高ランキング選手となった。
オリンピック後は、いくつかの大会で取りこぼしはあったが(というか、全部勝ち続けるというのがクレイジーなこと)、やはり今年もショーン・ホワイトは強かった。

女子はこの日、女子では最もぶっ飛んだケリー・クラークが優勝した。

   US Openの模様はこちらから生放送で見れます。もちろんすでに開催されたスロープスタイルもチェック可能!

Men’s Results
1st : Shaun White (BURTON)  $20,000 
2nd : Danny Davis (BURTON)  $10,000 
3rd : Markus Malin (SALOMON)  $5,000 
4th : Kevin Pearce (BURTON): $2,000
5th : Antti Autti (FLOW)  $1,500
男子ハーフパイプのくわしい成績はこちらからどうぞ。

Women’s Results
1st : Kelly Clark (BURTON)  $20,000 
2nd: Gretchen Bleiler (K2)  $10,000 
3rd: Torah Bright (ROXY SNOWBOARDS)  $5,000 
4th: Manuela Laura Pesko (FTWO)  $2,000
5th: Soko Yamaoka (NOVEMBER)  $1,500
女子ハーフパイプのくわしい成績はこちらからどうぞ。

http://www.usopen-snowboarding.com/