X-GAMES 女子パイプ優勝はケリー・クラーク

17

X-GAMESの女子スーパー・パイプ優勝はケリー・クラークだった。

ケリーは、過去のX-GAMESで、金1個、銀2個、銅1個と圧倒的な強さを誇る。さらにオリンピックでは、2002年ソルトレイクで金、先のバンクーバーでは、銅と未だ健在ぶりを見せつけている。

今夜も他を圧倒する高さで、優勝を決めた。

ルーティーンの方は、一発目は、どデカいフロントサイド720テール・グラブ、そこからキャブ540、フロントサイド900を決めて、残り2つはバックサイド540、フロントサイド540で締めるというもの。

五輪やFISワールド・カップと違い、ストレート・エアーを入れる義務がないので、すべてスピン・トリックのルーティーンだ。

このことは、男子予選でも同じような傾向が現れている。

地元アスペンのヒロインで、ケリー・クラークを破る可能性があるグレッチェン・ブレイラーは、残念ながら決勝で持ち前のパフォーマンスを発揮できずに、6位で終わった。

日本から参加の山岡そうこは、惜しくも4位でメダルに届かなかった。

また、バンクーバー五輪の金メダリスト、トーラ・ブライトは解説者に収まり、今回は不参加。五輪後のしばし休憩かな。

X-Games Fifteen – Aspen, Corolado 
Women’s SuperPipe Results

Rank

Name

Run 1

Run 2

Run 3

Best

Kelly Clark 92.33 50.00 83.00 92.33

Kaitlyn Farrington  85.66 40.00 78.00 85.66

Elena Hight  21.66 30.00 80.00 80.00
4 Soko Yamaoka 70.00 12.66 12.33 70.00
5 Queralt Castellet 67.66 60.66 21.33 67.66
6 Gretchen Bleiler 27.66 15.33 24.33 27.66


http://espn.go.com/action/xgames/winter/2011/