X-GAME BIG AIR トースタインがトリプルコークで優勝!

7

X-GAME FIFTEENのビッグ・エアーは、トースタイン・ホグモが、トリプルコークで優勝した!

大会史上初のトリプルコークでトースタインが優勝!
Photo by Mark Kohlman/ESPN Action Sports

トースタイン・ホグモのトリプルコークは、昨年6月に、ホグモのために専用で作られたキッカーで初メイク。しかし、観衆の場で見せるのは初となった。

大会の方式はジャム・フォーマットで時間内に滑り放題。ハイ・スコアの2つが得点に採用される方式など、各選手はどんどん自分の得意なトリックにチャレンジできるエキサイティングなルールだ。

12月に中国で行われたAIR & STYLEのビッグ・エアーでは、セバスチャン・トータントが優勝していた。現段階で、ビッグ・エアー王者とも言うべきセバスチャンだが、中国大会ではトースタイン・ホグモは、肋骨のケガのため不参加。そういった意味では、このX-GAME FIFTEENという場で、トースタインとセバスチャンのがっぷり四つで戦ったことになる。

このビッグ・エアーでは2つのヒート(グループ)があり、トースタインはヒートAで1位通過。一方のセバスチャンは、ヒートBで1位通過だった。

そして、この予選では、セバスチャンの方が高いスコアを出していた。しかし、決勝でトースタイン・ホグモは伝家の宝刀トリプルコークを手を付きながらもなんとか決めて、見事に優勝した。きっとこの展開、狙っていたに違いない。悪いねホグモ!

ちなみにハイ・スコアは、バックサイド1260を決めたセバスチャン・トータントで、今夜最も優れたジャンプをしたのは、セバスチャンとも言える。
そういった意味でも、今後のトースタインとセバスチャンの対決から目が離せない。

X-Games Fifteen – Aspen, Corolado
Big Air Final Results

Rank

Name

Two Highest Runs

Total

Torstein Horgmo

38+42

80
Sebastien Toutant

44+35

79
Sage Kotsenburg

42+35

77
4 Mark McMorris

41+32

73
5 Scotty Lago

38+21

59

Heat 1A – Elimination

Rank

Name

Two Highest Runs

Total

1

Torstein Horgmo

38+36

74

2

Scotty Lago

40+26

66

3

Mark McMorris

30+28

58

4

Tyler Flanagan

29+18

47

5

Mikkel Bang

18+17

35

Heat 1B – Elimination

Rank

Name

Two Highest Runs

Total

1

Sebastien Toutant

42+35

77

2

Sage Kotsenburg

43+29

72

3

Marko Grilc

31+23

54

4

Eric Willett

36+16

52

5

Halldor Helgason

37+15

52


http://espn.go.com/action/xgames/winter/2011/