ウィスラーからdmk雄太・最新情報

dmkライダーの雄太がウィスラーに帰って来た!本人からの最新情報など、紹介しよう。

早くもウィスラーで活動を再開させたユウタ。

こんにちは、dmkライダーの渡邉雄太です。
ウィスラーより発信しています。
ウィスラーではすでに山の上ではかなり雪が降っていて、森林限界よりも上のエリアでは岩が少ない場所を探せば滑れる状況になっています。
ゲレンデのオープンは11月26日の予定ですが、ハイキングで山に登って滑るのも好きなので、僕は一人でシーズンインした気分になっています。
山へのトレールを歩いていると廃材を積み重ねてセットアップしてある光景があり、ウィスラーのローカルが既にジブで遊んでいたのがわかりました。
みんな待ちきれない様子ですが、もう直ぐ本格的なシーズンインですね。

今年もウィスラーで活動していきますので、ブログをチェックして参考にしてください。

http://blog.livedoor.jp/snowstyle_blog1/

それから、雪崩講習の告知です。
去年からウィスラーで雪崩講習の講師として活動しています。
講師暦9年のベテランの松永純一さんから雪崩知識を教わりながら、自分のバックカントリーでのフィルミング活動の経験を生かして講師として活動しています。
講習内容はCAA(カナダ雪崩協会)のカリキュラムに沿って日本語で行います。
コース名はAST1(Avalanche Skills Training Level1)入門コースです。
主な対象は「バックカントリーに興味があるがまだ入ったことがない人」、「バックカントリーには入ったことがあるけど、雪崩の知識はほとんどどない」と言う方です。

2.5日間の講習では昼間はスキー場に上がる、フィールドでの講習。
夜は約4時間のクラスルームで、とても充実しています。

この講習の内容を習得すれば、ウィスラーで毎日更新されるAvalanche Advisoryを正しく理解することができるようになり、バックカントリーでの行動の際に参考にすることができるようになります。

プロスキーヤー、スノーボーダーから、滑ることを始めたばかりの方まで、幅広く受講できます。(中級者コースを転ばずに滑れる程度の技術は必要です。)
昨シーズンはdmkライダーの井上トモも受講してくれました。

簡単なホームページを開設しましたので、興味がある方はぜひご覧ください。

ウィスラー、バックーバーにお住まいの方、日本にお住まいでカナダへの旅行のご予定がある方、興味あるようでしたら、ホームページ上の連絡先にお気軽にお問い合わせください。
遠方からお越しの方は現地での宿泊先などもご相談ください。


http://nadarewhistler.com