TTRリーダー争いはNissan X-Trail Asian Openへ突入!

ライダーたちはグランドフィナーレを目前に日本でのダブルポイントを狙う!

得意のパイプで巻き返したいトーラ・ブライト。
©Burton

6スターBurton US OpenとRoxy Chicken JamでのスウォッチTTRツアーチャンピオン決定戦まで残すところごく僅か。レースは緊張を増してきた。
2月24日から3月3日まで日本はアルツ磐梯で開催される5スターNissan X-Trail Asian Openはライダーたちにとってワールドランキングアップの絶好のチャンスである。
村上大輔や藤田一海、中井孝治、山岡聡子などを含む世界の男女トップライダーたちがここに集結し、最高のトリックでスーパーパイプとパークスタイル両競技での優勝とダブルのTTRポイント850点、そして総額125,000-USDの賞金を狙う。

07/08スウォッチTTR女子ツアーチャンピオンであるジェイミー・アンダーソン(USA)は、ここでもリードを守りたいところだ。しかしながら現在ランキング6位のシーナ・カンドリアン(SUI)や3位のリサ・ウィーク(NOR)などジェイミーのすぐ後ろでワールドNo.2の座を狙っているふたりにも油断できない。
クジェスティ・オストガード・ブアス(NOR)、ケリー・クラーク(USA)やスペンサー・オブライアン(CAN)は、TTRトップ10入りの可能性大、キミー・ファサニ(USA)、エリザベス・ビーマン(USA)もTTRトップ20入りの可能性がある。今シーズンまだかなりのTTRポイントを稼がなければならないのは以前ツアーチャンピオンにもなったトーラ・ブライト(AUS)だ。
2007年、2008年とこのハーフパイプで優勝を手にした彼女は、2つの良いリザルトを手にする可能性があり、その場合TTRトップ20位圏内にランクインする。

男子ランキングについては現在世界中で数々のスウォッチTTRコンテストが行われているためその動きを予測するのは難しい。しかし確実に言えることはTTRトップ10圏外の多くのライダーたちが3月のUS Openの前にランキングポイントを稼ぐため今大会にやってくるということだ。

ツアーチャンピオン決定戦を目前に、レースは総額200,000-USD以上のスウォッチTTRツアー賞金を狙うライダーたちで確実に激しくなってきた。

大会のライブウェブキャストは→ www.go211.com


dmkではアジアン・オープンの模様を速報する予定。どうぞ、お楽しみに!

(※)SWATCH TTRについて
テリエ・ハーコンセンと業界イノベーターたちによって2002年に設立されたスウォッチTTRワールド・スノーボード・ツアーはガイディング原則として信頼性、親しみ、革新性を持って、世界中の最高クオリティのスノーボード環境を創造するため非営利のライダーによって運営されている組織である。その設立以降、スウォッチTTRツアーは10ヶ月以上に渡る南半球から北半球で行われる世界の草の根的な、また主要な独立したフリースタイル・スノーボーディング・イベントを中心に最も露出されているスノーボード・ツアーとして発展してきた。イベントは1つ星から6つ星システムに評価され、これに基づきポイントが配分され、6つ星イベントが最も高い地位を占める(1000スウォッチTTRポイント)。これらのイベントに出場する、新人からプロフェッショルな才能を備えたライダー達は皆、ランキング・ポイントを稼ぎスウォッチTTRワールド・ランキング・リストのポジションを獲得する。シーズン中の7つの最高リザルトの平均に基づいて男子と女子のトップライダーが選出されスウォッチTTRワールド・スノーボード・ツアー・チャンピオンの栄冠を勝ち取る。

最新ニュース、ランキング、アップデートは以下の公式TTRサイトで!

http://www.ttrworldtour.com/