【ワックスコラム】マツモトレンジャーのワックスアイテム再確認!#5

 

少しずつ気温が上がってきたような・・・。でも大丈夫!これからが雪が緩んでいろんなことにチャレンジするのに最適。そんな時期にはワックスも気を使ってあげたいですね~。みんな頑張ってみよう!

『ブラシ』

ブラシといったらいろいろありますよね。歯ブラシ、ヘアブラシ、カーリングのブラシなんてのも・・・。要するに何かしらの繊維がボーっと生えていて、磨くために使う道具ってこと。

ワックスアイテムでの『ブラシ』の使用目的は、ホットワックスを削ったあとのカスを落とし、磨き上げることにあります

ブラシの種類はいろいろとあります。ナイロン繊維、馬毛、イノシシ、植物繊維、金属など、素材によって使用目的が異なるのですが、間違えて使うとソールを傷つけたりします。うへぇ、恐ろしい。

マツモトワックスで販売されているのは3種類、どのブラシを購入してもソールを傷つける心配はないモノです。それだけでも安心だね。ショップに行ったらマツモトと覚えておきましょう。

ナイロンブラシ
馬毛ブラシ
パキンブラシ

粗仕上げ用(ワックスカスを大まかに落とす)のナイロンブラシ。定番です。
仕上げ用(細かいカスを落とす)のやわらかい馬毛ブラシ。毛なのに結構コシがあります。
ANTBBなど硬いワックスを落とせるコシの強いパキンブラシ。硬いワックス好きな人には強い味方です。

全部揃えると職人って感じで素敵です。でも一つしか買えないよって人は、まずは馬毛を購入してみよう。馬毛はカスを落とす以外にも、スクレーパーなどの摩擦で発生した静電気を吸収する働きがあるんだ。静電気は汚れを吸い寄せる厄介な存在。それを考えると、なんとなく一石二鳥でしょ?

使用方法はとにかくゴシゴシやってください。力を入れて、カスを落としてあげてください。たくさん白い粉が出てきますよ。結構汗も出ます。理想は粉が出なくなるまで続けるんですが、ブラッシングが嫌いにならない程度に頑張ってみましょう。

ちなみに筒状になったブラシを電動ドリルに装着して回転させ使用するモノもあります。これは便利!レンジャーも使ってます。ワックスにお金を掛けたい人はご検討も。汗はまったくかきません(笑

かわいいミニブラシ。馬毛だよ

ブラシの形状には四角、だ円、長いやつなど、いろいろなメーカーから販売されています。どれが良いかは、ズバリその人の好みです。力の入れやすいモノを手にとって見て確認してください。手のひらに収まるぐらいの大きさのほうが力を入れやすいかも知れませんね。ちなみにマツモトワックスでは、手の小さな人向けにミニブラシなんて気の利いた馬毛ブラシも用意しています。さすがです。価格も抑えてあるので入門編にどうでしょう。

ブラシはホットワックス以外でも使えます。
固形ワックスを生塗りして、普通だったらコルクで擦りますよね?擦る前に、馬毛ブラシでソール全体を軽くブラッシングします。そうすることにより粉状になったワックスがソールに均一に広がります。そこでコルクで擦ってあげることにより、塗りムラが少なくなります。コルクの滑りも均一になって作業しやすいですよ。

春先など汚れが多くなってくる季節にも、滑りが悪くなってきたなぁっと思ったら、ブラッシングをしてあげると、汚れが落ちて滑りが復活します。ミニブラシを一つポケットに入れておくと便利かもね。もちろんdmkで絶賛販売中!

来週は『リムーバー』を再確認!

このワックスコラムは毎週火曜日に更新する予定です。
ワックスの知識は、全スノーボーダーにとって必要なことです。毎週しっかりとチェックしてくださいね。

http://www.dmksnowboard.com/matsumotowax/