テリエ、「もうパークには入らないよ」

ライダー・インタビューでは、様々な興味深いものをアップしてくれる全米snowboarder誌のwebサイト。今週はスノーボード界のレジェンド、テリエ・ハーコンセンのインタビューが上がった。そこでテリエは、現在のレールシーンや自身はパークに入らないこと。またオフトレにやっていることなど、興味深いコメントを残している。

snowboardermag.comのテリエのインタビューは必見だ!

もうテリエという存在になれば、すべての言葉を参考にしてしまいたくなるほど、偉大なるライダーであるが、ここにいくつか注目発言をピックアップしよう。

コンテスト
「コンテストに関しては、まだこれからもっと良くなる部分が残されていると考えている。他の2、3人のライダーの意見を参考にしながら修正していくよ。」

80年代後半から90年代初めに今のスノーシーンが予想できた?
「それは、難しい。だって来年のことだって予想できないもん(笑)」

今のようなレベルの高さで、あと何年滑れると思う?
「わからないなあ。だけどパークのジャンプはやらないよ。パウダーのジャンプしか。
パークではスラッシュしたり、ヒップで流す程度にジャンプするだけ。パークのために繰り返しリフトに乗るようなことはなく、通過するぐらいさ。」

ビッグ・エアーの大会に出ることを考えている?
「はい。だけど、1080とか縦回転900とかはやらないよ。」

健康のために日頃からやっているスポーツは?
「サッカー、スケート、バイキング(自転車)をやっている。」

以上、気になったところをピックアップしたけど、かなりの長いインタビューでさらなる注目点も見つかりそうだ。英語を理解するのはちょっとハードかもしれないけど、翻訳ソフトなど使って訳してみる価値あると思うよ。
(インタビューのページは以下に)
http://snowboardermag.com/magazine/features/terje-haakonsen-interview-20-2/


http://www.snowboardermag.com/