ショーン・ホワイトがスケートのXゲームも金メダリストに!

29

まさに現代の横乗り王子様だ!スノーボードの世界でもオリンピックを始め数多くのビッグ大会で金メダルを獲得したショーン・ホワイトが、今度はXゲーム(X GAMES 13)のスケートで金メダリストに輝いた。

X GAMES 13のスケート大会で見事に金メダルを獲得!

スノーボード大会で鍛えた勝負魂が、爆発した。3本ランがある内、2本目までの成績ではショーンは、6位の位置でメダルに届いていなかった。本人曰く「今日は着地が決まらない」とうタフな日だったのだ。しかし、最後のランでスーパースターの本領発揮!95.75というハイ・スコアで一気にトップに立ったのだ。
3本目、見事なランを演じたショーンは、思い通りなことができた大きな喜びで、ヘルメットを投げ出してしまうほどだった。きっと大きなプレッシャーから開放されたのだろう。そして自分の得点が金メダルに達したことがわかると、さらなる歓喜で両手を高々と上げたのだ。

プロ・スノーボーダーが二足のわらじを履き、スケートのXゲームに参加することだけでも凄いことではないだろうか。しかも、ショーンはアメリカで最もXスポーツ大会として名の知れているXゲームで見事に優勝してしまったのだ。

これまでのスノーボードやスケートの歴史の中でも、両方がプロである、ということは少なくなかった。
古くはノア・サラスネックが先駆者だろう。ノアはスケートのプロとしてのバックボーンを活かし、スノーボードの世界でもジブなどのスタイルを確立させた立役者だ。そのノアの活躍していた時代よりも後に生まれたショーン・ホワイトは、他の歴史的横乗りライダーたちを圧倒する実力を身に付けしまったのだ。まさに現代に生まれた横乗り王子様。

すでにXゲームでは6個の金メダルを収集し、これに今回初のスケートの金メダルを加えることになった(注:すでに銀メダルは獲得済み)。オリンピックはあと2回は行けそうな若さだし、Xゲームなど毎年開催されるビッグ大会でも歴史的なメダル数を獲得していくのだろう。まだ若干二十歳という若さだけに、これからも数多くの伝説を刻み続けるに違いない。

ショーン・ホワイトの華麗なる3本目の動画は以下でご覧になれます。
http://sports.espn.go.com/broadband/ivp/index?id=2962300
X GAMES 13
AUG 5th, 2007
Men’s Skateboard Vert Finals
Rank Name Run 1 Run 2 Run 3 Best Run
1 Shaun White 85.00 59.75 95.75 95.75
2 Pierre Luc Gagnon 53.50 91.25 90.25 91.25
3 Mathias Ringstrom 51.00 88.25 81.75 88.25
4 A. Preleson 67.00 53.30 88.00 88.00
5 Andy MacDonald 60.25 86.25 84.25 86.25
6 Bucky Lasek 75.75 68.25 85.25 75.75
7 Rune Glifberg 51.00 83.75 55.75 83.75
8 Bob Burnquist 51.75 80.50 80.00 80.50
9 Rob Lorifice 77.75 52.75 56.25 77.75
10 Sandro Dias 76.25 53.25   76.25


http://expn.go.com/expn/story?id=2962512