雨の中のハイ・セッション in COC

天候が悪い日よりも快晴の方がテンションは上がるに決まっているでしょ? だけど、不思議と雨の方がハイになってテンション上がるってこともあるっしょ!

本日のCOC(Camp Of Champions)は、まさにそんな雨の中のハイ・セッションとなった。

誰かがいつの間にか作ったのか、スケートのランページが登場! そこにクリス・ダフィシーやトースタイン・ホグモなど、たくさんのライダーが集まって来た。雨はザーザー降っているけど、ライダーのエネルギーはやけにハイである。

午後になるとDC軍団がやって来た!
DCのブーツ・デザインを手がけ、幾度がビデオにも登場した有名な黒人コーリーも来た。さらにはトッド・リチャーズ、さらにはアーロン・ビットナーも来ているではないか。

しかし、今日も活躍したのはトースタイン、また同じくDC若手ライダーのアンドリュー・ジーバス(Andrew Geeves)だった。
ピクニック・テーブル、ドラム缶などで、最新鋭のジブ・トリックを繰り出す。まさにここCOCでは、現在進行形のスノーボードの歴史の変化が流れているようだ。

それにしても調子が悪かったのは、アーロン・ビットナー。3度ほどピクニック・テーブルでジビングしたが、1つもメイクできず。
「今日のオレはダメダメだよ」
と言いながら、下山してしまった。

転んでもメイクるまでハイクする若手DCとは対照的な姿に映った。今年の冬、ビットナーは撮影に集中し過ぎてテンションが切れてしまったのかもしれない。

トッド・リチャーズもやって来た!

ミニ・ランページを楽しみアンソニー・レフィラー

雨の中、今日も大活躍のトースタイン


http://peaksnowboard.com/