賛否両論ウィスラーのゴンドラ建設

カナダBC州にある北米最大のスキー場ウィスラー。このリゾートはウィスラー山とブラッコム山の2つの山からできているが、この両山を結ぶゴンドラ建設プロジェクトPeak to Peakは、夢のようなアイデアながら否定的な意見も多い。

必要かな?

そこで、ウィスラーのことをよく知るライダーにこの建設に関するご意見を聞いてみた。

人によっては夢のような話ですが、想像がつかなくて、事故が起きそうで恐いというのが、一番ですね。
もの凄い長い距離、さらに風がもの凄い通るようなところに支柱がたったの4本しかないという・・・。2本目と3本目の間の状態が・・・。ありえない。
それともう充分って気持ちもありますね。今年もシンフォニー(リフト)という新しいリフトができましたが、バックカントリーの範囲が狭くなっちゃったし、めったにオープンしなかったし、シーズンパス・リフトパスは高くなる。
ただでさえ、毎年値上がりしてるのに・・・。
ちなみにそのシンフォニーにはあえて一度も乗りませんでした。小さな抵抗ですが・・・。
片方の山で一日中滑っても足りないくらい大きいし、片方の山が良くて、もう片方が悪いって状況もあんまりないから。
基本的には否定的ですね。でもできてしまう・・・。
1回くらいは・・・。いやぁ・・・。
peace
藤井 雄治
http://blog.livedoor.jp/oiakuma_yuji/

私は賛成です!!
乗るのはこわいですが、一日に両方を満喫できそうなので。
前は、長い期間を滞在できたので、必要ないと答えたと思いますが、最近は短期間なので、短期間で両方の山を満喫できるように、子どもにも案内しやすいので。
橋本通代
http://snowboardnet.jp/kids/kirarakamp/

賛成!便利なので。
今井勇人

必要ない。
この建設のための莫大な費用の捻出のために、利用者に負担や不利益が出るのはひじょうに遺憾だ。
平野創
http://www.dmksnowboard.com/diary/hajime/

ビックリした!ゴンドラを実際見たけどすごい大きくて、こんなものがたくさん行き来するなんて正直大丈夫かな?と思いました。
でもきっと景色も面白そうだし観光で乗るのも楽しそう。
ただ、今までないのがあたりまえでブラッコムとウィスラーを行ったり来たりしていたので、果たして滑るものにとってこのゴンドラがそんなに必要なのか、という気もします。
下から上へ運んでくれるゴンドラではなく、下って登るものだし、それは滑り降りてゴンドラに乗れば行ける場所だし。
シンフォニーみたいに横へ広がる、とかの方が意味がありそうに感じます。
でも実際できたら便利で嬉しいのかも?まだその辺がわかりません。
観光には良いってことはわかります。
苗場とかぐらをつなぐドラゴンドラみたいなものみたいですね・・・。
上田ユキエ
http://www.rimrock-inc.com/lil_voice/voice-yukie/pop.php

必要性はやはりあると思います。
ウィスラーブラッコムは2つとも大きな山で、今までは一日で二つの山を両方楽しんで帰るということはなかなか難しいことでした。
天候によってはブラッコムでは雪が重くてもウィスラーでは軽かった、と言う日もありますし、ウィスラーは凄く混んでいてブラッコムが空いているという日もあります。
というわけで、滑り手としてはとても魅力的なのですが、これ以上リフト券代が高くなってはほしくないし、今までのままでも充分楽しめていることも事実です。
スキー場としてのインパクトや宣伝には絶大な効果があるかもしれないけど、それが一番の理由だと思うと山がかわいそうです(涙)
渡邉 雄太
http://blog.livedoor.jp/snowstyle_blog1/

両山の行き来が今まで一時間掛かっていたものが10分程度になるので、便利になります。
ブラッコムが天気が悪くて、あるいは雪のコンディションが悪くても、すぐにウィスラーに行くことができます。
地上から450メートルという世界最高峰の高さのゴンドラから見る景色は、素晴らしいものがあるでしょう。
しかし、両山それぞれ支える支柱が2本ずつというのは、安全面で不安があります。
もちろん建設のエキスパートの方がデザインするのだから、安全面では100%近く大丈夫なのだろうけど、世の中でこんな強引なデザインを見たことがないので、不安になりますね。
ウィスラー、ブラッコムはリフト建設により、アクセスが毎年便利になる一方で、反面ローカルだけがアクセスできたというエリアが減る一方です。つまり便利になるためにローカル・イズムはどんどん現象する傾向です。
脚力があれば、誰も喰えないパウダーがいただけたという流れから、誰でもパウダーを喰えるという時代へ。結果、観光スノーボーダーにも、ローカル・スノーボーダーにもより平等な機会となるけど、昔ながらのおいしい出来事が減ってしまう。
正直言えば、今から18年ほど前、自分が初めてウィスラーに来た時の不便さの方が好きです。あの時のブラッコム・グレーシアやピッコロの方が滑っている人が少ない分、価値観が高かった。
しかし、できてしまうものは利用しない手もないし、ともかく新しいゴンドラにトライしてみます。
飯田フサキ
http://www.dmksnowboard.com/diary/fusaki/


http://www.whistlerblackcomb.com/