オカマイ・ブログで「Burton STEP ON 良いとこ悪いとこ」

 

DMKが応援するライダー、オカマイが今季は話題のBurton STEP ONを使用。
興味深い率直な意見がブログ「Burton STEP ON 良いとこ悪いとこ」で紹介されているので、ご紹介しよう!

今シーズン発売開始したBURTON 「STEP ON」 バインディング
カナダだと日本より安いのでさっそく買っちゃいました。

使い出して1ヶ月
皆に調子どう?とよく聞かれるので私の個人的な感想を書きます!★

まず買った理由は、
ウィスラーでは登ったり探検することが多く、ハイクしたり長いワンフットの後疲れてるのにしゃがんで時間をきけてバインをはくのが嫌だったから😂

バインの仕組みはインターネットを見て下さい!笑

使い始めた直後のインプレッションとしては、
「あれ?ハマってない…?」
なんかいつも右かかとがカパカパ浮く感じで滑っていたら時々取れちゃうことも。

しかし毎日使って一ヶ月、
ようやく正しいはき方に慣れてきたところでの私の個人的な感想
↓↓↓

BURTON 「STEP ON」プラス面

1. スキーヤーと変わらない速さではける!
5秒ぐらいではけちゃうことは大満足

2. 普通のバイン変わらない滑り心地
反応がめっちゃ早くなるのかと思いきや普通のバインとほぼ変わらないので滑っていたらStep Onであることを忘れます。

4. 軽い!
去年のブーツとバインよりだいぶ軽いので動きやすくて最高

5. 雪が多少ついていてもはける
これが心配だったのですが、今のところパウダー等で多少雪がついていてもはけます。
ブーツの雪は普通のバインのときと同じくはたいてはめれば問題なし。

その他、隠れフォワードリーンもついています。

BURTON 「STEP ONマイナス面

1. 上手くはけるようになるまで慣れが必要
かかとから踏みつける事を覚えるまでが時間がかかりました。
いつものバインのように足全体からいくと上手くはまらずカパカパして取れちゃう可能性も。

2. 斜面によって着脱が難しい
私が慣れてないだけかもしれないけど、斜面の下を向いてヒールで立った場合着脱できない。
なぜなら最後につま先にも体重をかけないと着脱できないからです。
なので、狭い道のヒールトラバース中や、危ない所ですぐ板を脱ぎたい時にも一度トゥーエッジ側で立たない板が脱げなくて何度も困りました。
私の中ではこれが一番難点かも。。。

3. ハイバックが硬い
めちゃくちゃ硬いです。曲がらないし、ハイバックの角度も変えられません。
でもわりと慣れました。

4. ブーツが細い
まず選択肢がBOAしかないということ、
そして足先が細く感じます。(アジアンフィットじゃないだけかも?)
親指の爪は黒く死にかけ小指の方はマメができ、痛いです。笑

マイナス面のたくさん書きましたが、全体で言うと
違和感なく使えて、私の買った目的は達成されているので星☆☆☆+0.7ぐらいです!!!

きっと来年にはさらに進化するんだろうなあ~♪

オカマイのQuality of life
https://okokamai.blogspot.ca/