NOMIS春夏モノのカタログ撮影に田中幸が参加!

田中幸が本格的に海外デビューだ!
Camp Of Championsでのライディングが認められて、急遽NOMIS春夏モノのカタログ撮影に決まった。そして本日、早速撮影が行われたのだ。

遂に本格的に海外デビュー。

NOMISのチーム・マネージャーのアンドレ・チェンバレンから突然、「サチにカタログ撮影に参加してほしい」というオファーが来た。
NOMISライダーのスティーブ・カートライトに「男を殺すほどの実力」と言わしめ、その姿はキャンプ中とても目立っていた。そんな活躍ぶりにアンドレやシモンの目にも留まり、今回のカタログ撮影の実現となった。

昨日はCamp Of Championsの2セッション目の最終日でナイト・クラブでパーティがあったのだが、そちらの方にも元気に顔を出した幸。睡眠ができたのはたった1時間だった。なぜなら3時には身支度をして早朝4時にはウィスラーを出てバンクーバーのNOMISオフィスに行かないといけないからだ。

そして2時間のドライブ後にNOMISオフィスに到着。
シモンはオフィスで寝ていた。
マーク・ソラーズは眠たい目をこすりながら10分遅刻してやって来た。
カリフォルニアから来たスケーターのロンソン・ランバートはすでに到着してスタンバイOKだ。

朝の太陽が真横から指すバンクーバーで撮影は始まった。
オフィス街、公園、NOMISオフィス裏の線路脇、さらにはスタジオ撮影など、夕方4時まで行われた。

明るい幸のキャラクターが、カメラマン、撮影ディレクターにも伝わり気分が和むようだった。他のNOMISライダーたちもリラックスして撮影を楽しんでいた。そしてやはりシモンはここでもしっかりとリーダー・シップを取り、みんなを鼓舞するかのように声を掛け、ギャグを噛まし、場の雰囲気を盛り上げていた。

そんな姿に幸も「シモンの違った面が見えた」とコメント。

撮影待ちに時よりお昼寝を入れながら笑顔の体調を整えて、常に元気な姿で挑む姿勢は、ライディング同様にプロフェッショナルな幸だった。

5年前までOLだった女性は、スノーボードに出会ったことでプロを目指し、遂に世界の舞台へ歩みだした。
来年のカタログにはもちろんドカーンと掲載されるし、NOMIS本家のwebサイトにもトップページで登場することに決まったぞ。


ワーオ!シモンがデフ板を持ってアシスタントし、撮影している。名前のようにまさにハッピー(幸)ガールだ。

田中幸の最新のインタビューは以下のページから
http://www.dmksnowboard.com/interview/852

田中幸の公式webサイトは以下から
http://tanakasachi.seesaa.net/
ほぼ毎日更新!時には一日で3回も更新していることもあるよ。


http://www.nomisdesign.jp/