荻原大翔(13歳)がバックサイドトリプルコーク1440初メイク!!

 

まだ13歳という若さの荻原大翔が大偉業!
自身初となる高難度トリック、バックサイドトリプルコーク1440をメイクし、その模様をインスタで公開した。

映像を背景したところ、抜けや空中姿勢など完璧。
グラブもつかみっぱなしで完成度が高い。
着地はしっかりと両足でストンプしてみせたが、高回転の勢いの影響からか、ランディング後にテールではじき返された感じも。しかし、持ち前の身体能力でメイクしてみせた。

着地の後は、嬉しさのあまり両手を上げてガッツポーズ!
この後にレールに入るが、その後もガッツポーズを再び。
大翔くんのこのトリックに賭ける思いと嬉しさが、映像から伝わって来る。

ちなみに13歳でバックサイドトリプルコーク1440を決めたライダーというと、マーカス・クリーブランドが有名。その後に昨年、山田悠翔がニュージーランドで決めている。
ということで、荻原大翔は3人目の偉業となった。

どちらにしても、ますますプロ・スノーボーダーとして進化する大翔くんに目が離せない。

 

荻原大翔 13歳オリンピックに掛ける思い