Hightide Mfgにお名前グラフィックも可能!

 

カナダのウィスラーより北、ペンバートンという田舎町で製作されているHightide Mfgは、世界最高峰のスノーボード・メディア、トランスワールド誌も最高ボードと認定するハンド・メイドボードを作っている。

フォウンダーであり、製作者でもあるアカーシャ氏が一人で全工程の製作を行っているため、オーダー受付からいくらかの時間をいただき、製作→発送という流れになっているが、日本のスノーボーダーにも徐々に浸透中。嬉しいことに最近ではショップ・オーナーさんからのお問い合わせもいただいている。

そんなHightide Mfgを最近、とてもユニークでナイスなアイデアでご注文された方がいるのでご紹介しよう!

お名前は、TOSHIさん。

ご注文されたのは、Unimog 158。
ライダーのルーブ・ゴールドバーグが使用し、レジェンドが集うマウントベーカーのスラロームで3位に入ったカービングモンスターだ。

TOSHIさんの希望グラフィックは、

「白と明るく発色の強い水色をベースに、青の濃淡をつける感じ。青が明るくても良いです。
デザインイメージは、ビッグマウンテンをカービングで爽快に滑り降りる感じでクールに。
後はアカーシャさんの描いたイメージでお任せします。他の色を使ってもっとクールな感じになるのであれば使っていただきたいです。」

とのこと。

さらにとてもユニークでグッドアイデアだったのは、ご自身のお名前を入れることをご要望をされたこと!

実際出来上がった写真を見て、次回の自分のオーダー時にも名前オファーしたいと思いました。

ウィスラーの山で時々アカーシャに会うので、TOSHIさんのご注文の話をすることがありました。細かい性格のアカーシャは、TOSHIさんのスタンスなども聞いて、デザインのことを考えていました。
アカーシャ曰く、レギュラースタンスなら、そのレギュラーに合わせてデザインしたいとのこと。

あと、カービングというイメージでどのようにするか、悩んでいたので、
このお客様は、「アカーシャさんの描いたイメージでお任せします。」と言っているので、ともかくアカーシャがカッコいい!と思うデザインにすれば大丈夫だよ。と、背中を押しました。

で、最近、板を受けとったTOSHIさんからメールをいただき、

「昨日、板の方が無事に届いておりました!早速確認して見たところ、イメージがそのまま板になったかのような素晴らしい出来上がりでとても満足のいく一本に出来上がってました!
板を見た瞬間に興奮が止まらなかったです!
ありがとうございました。
アカーシャさんにも、ありがとうございました! とお伝えください。」

との喜びのメッセージ!!!

翌日、アカーシャと山で会ったので、TOSHIさんのメッセージを伝えるととても喜んでいました。
またアカーシャの製作意欲が増したと思います。

小さな会社で、なかなか新しいモデル製作に着手できない状況だけど、これまでサンプルまで作って、注文・製作まで至っていない非対称のボード、フィッシュボード、女性ボードもせひ作りたいとのこと。
来季には、ぜひ実現させてほしいです!

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@dmksnowboard.com

※Hightide Mfgに関するくわしい内容は、以下をクリックしてご覧ください。


https://dmksnowboard.com/hightidemfg/