Hightide Mfg Draft Dodger 154 ミノルさん感想レポート!

 

今季、Hightide MfgのDraft Dodger 154を購入されたミノルさんから、感想レポートが送っていただきました。掲載許可もいただいたので、ここにご紹介します!

ボードのカラーリングは最高です!カナダと日本の国旗のイメージでお願いしたのですがホントかっこよく仕上がっていると満足しています。

ボード自体の完成度自体は非常に高く、オールマウンテンで楽しめるボードだと思います。できればきちんとカービングターンができる中級以上だとこのボードの特性を引き出せるのではないでしょうか。

というのも、フレックスは今のメインストリームな板と比べると硬めに感じるし、ウェストもワイド。当然カービングするにはキチッと踏み込んでやらないと走らないし、ドライブ感(グーッとボードが走っていく感じ)は得られない。反対に普段からボードを踏み込んでいける人なら気持ちよくカーブしていけると思います。


オーリーの反発も良いので気持ちよく高さが出せると思いますが、荷重が抜けるようなオーリーだと板に負けて高さが出せない。カービングもそうですがボードに対する力の入力を基本通り丁寧にやってあげないとボード本来の特性が引き出せない。

ソールは結構走ります。但し、マメなワクシングが必須で購入後はベースメイクして、シーズン中は2回に1回くらいはホットワックスしてあげたほうがいいと思います。この辺りは国産のハイエンドボードと同じ感じなので慣れてしまえば特に問題ないかなと思います。

残念ながらパウダーでのライディングが出来ていないので、評価できませんが、板のシェイプはワイドウェストのいわゆるショートファットに近いものがあるので日本のパウダーでも楽しめるのは間違いないと思います。基本的にテストしているのがカナダのウィスラーのゲレンデとバックカントリーとのことなのでパウダー性能は問題なしどころか非常に高いと思います。

またハーフパイプやスロープスタイルなどのフリースタイル的な乗り方がメインであればツインチップのボードの方が乗りやすく感じると思います。クロスも同じように競技用のボードがおすすめですね

競技的なものだとバンクドスラロームなんかはおすすめです。実際カナダの大会でモデルは違いますがHightideライダーが好成績を残しているので実績もあります。

そんな感じでトータルで見ればキチンとボードのコントロールができる中級以上で、オールマウンテンなボードを探している方にベストだと思います。

こんな人にオススメ
・地形を使って飛んだり、当て込んだりをカービングでつないで滑るといったフリーランが好きな人
・パウダーでのコントロール性(浮力とターンのバランス)とゲレンデでのコントロール性(カービングとオーリーなどのバランス)の両方が欲しい人
・オリジナルのカラーオーダーができるので世界に1本だけのボードが欲しい人

こんな人はイマイチと感じるかも
・始めたばかりの初心者の方(もっと柔らかいコントロールのイージーなボードのほうが楽しいですよ)
・パイプやスロープスタイル、スノーボードクロスの競技者の方(競技向けの板を作っているブランドがおすすめです)
・ハンマーヘッドやメタルボードでカービングを楽しんでいる方(ハンマーヘッドやメタルボードのカービング性能には及びませんが、パウダー用にどうでしょうか?)

レポーターデータ
178㎝ 82㎏
スタンス 55㎝ F 24 R 6
元スノーボード専門誌ライター
元スノーボードショップ販売員
スノーボードクロスで全日本選手権出場経験有
現在は休みに滑りに行く普通の人、好きなのはパウダーとフルカービング

お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@dmksnowboard.com

※Hightide Mfgに関するくわしい内容は、以下をクリックしてご覧ください。


https://dmksnowboard.com/hightidemfg/