HAND OUT GLOVESから2つのニュー・モデル登場!

 

ユタ州ソルトレイクに在住のジェイク・サリバンが、スノーボード、スキーの業界に長年携わりながら、自身の経験を生かしつつ、ユーザーの利便性を追求した新しいアプローチのグローブ・ブランド「HAND OUT GLOVES」(ハンド・アウト・グローブ)。
今季2018-2019より、2つのニュー・モデル「Alturas」モデルと「FISH」モデルが、10月21日(日)発売スタート!!

「Alturas」モデルは、チーム・ライダーのニック・ラッセル共に、バックカントリーにおける、フリーライディングのパフォーマンスの向上や、使用時のレベルの高い快適さを目的に、開発された最上級モデルです。


通常のモデルよりも手首部分を若干、長めにし、また幅をもたせて、手の挿入口にはゴム製の締め付け調整機能で、雪の侵入をより防ぎ、保温性も高めています。またアルミ製のカラピナ付きや、首部分の山の刺繡加工は、最上級の本モデルのみの仕様です。メーカー希望小売価格は19,400円+税になります。

「FISH」モデルは、そのモデル名からもイメージされる通り、釣りにおける使用をベースに開発されたモデルですが、釣りだけではなく、スノーボードやスキーのスプリング・ライド等でも、利便性が期待されるモデルです。ウェットスーツにも使用されるネオプレン素材をベースに、手のひら部分にはレーザー・パーム加工を施しています。また同じネオプレン製の「LIGHT
WEIGHT」モデルには無かった、HiPORAのグローブインサート仕様も、このモデルの大きな特徴です。メーカー希望小売価格は6,200円+税になります。

また定番の「PRO」、「SPORT」の2モデルには、ジッパーを開いた際に、グローブ裏面の手の甲の部分に、小さいカイロを挿入できる「ハンド・ウォーマー・ポケット」と、手首の部分にICチップ式のリフト券等を挿入できる、ジッパー式の小さな「パス・ポケット」が新機能として追加されました。加えて、2018-2019シーズンから、この2モデルと「LIGHT
WEIGHT」のモデルは、手の甲のジッパー・カラーがブラックとホワイトの2カラーが展開になります。

2016-2017シーズンより、日本での展開をスタートしてから、利便性はもちろん、耐水性、耐湿性、通気性といった、主となるグローブの機能性を最高レベルで組合せることで、大人気となった「HAND
OUT
GLOVES」。手の甲の計算された位置にウォータープルーフ・ジッパー配置することで、グローブから手の出し入れを容易にし、スマートフォンやカメラ操作時等に、グローブを都度、外す必要もないので、接合部の雪の侵入の軽減はもちろん、グローブ脱着時の紛失リスクもなくなります。また手の暖かさをキープしながら、ユーザーの自由を拡げる革新的な「HAND
OUT
GLOVES」はあらゆるシーンで、実際に手を使う作業を行うことを実現し、ユーザーのスノー・ライフでの利便性を格段にアップしたグローブです。

HAND OUT GLOVES introduction trailer (日本語字幕版)

HAND OUT GLOVES introduction trailer (日本語字幕版) from Visualize Image on Vimeo.

お問い合わせ先
ビジュアライズイメージ株式会社
TEL:03-6273-2686
Mail to: info@visualizeimage.com