FWT Hakuba, Japanで浜 和加奈 が日本人史上初の優勝!

 

天候・条件により長野県白馬村での開催が延期された「FWT Hakuba, Japan 2018」が、ツアー第2戦の会場となるカナダのキッキングホースで、「FWT Hakuba Japan staged in Kicking Horse Golden BC 2018」として2月6日(火)(日本時間7日深夜12時30分から)に開催!

本大会において、1月18日(木)に長野県白馬村で実施された「FWQ Freeride Hakuba 3*」(日本人予選選考会)で優勝し、トップ大会である「FWT Hakuba, Japan」への出場権を獲得した浜 和加奈選手(女子スノーボード)が、FWT20年の歴史で日本人初となる優勝を果たしたました!

フリーライドスキー・スノーボードの世界最高峰の大会であるFWTには、国際予選リーグでポイントを積み重ねたトップ選手とワイルドカード(主催者出場枠)の47名が出場。

北米ロッキー山脈を舞台に、スタート標高2350m、標高差約360m、最大斜度46°の北北西斜面を使って実施されました。

女子スノーボードの浜 和加奈選手は、急峻な斜面と荒れた雪面で他の選手が転倒する中、スノーボードクロスで鍛えた技術を活かしたライディングとテクニカルなライン選択により、見事優勝を果たしました。

また、この優勝により現時点で年間ランキングで1位となるとともに、今シーズンのFWT大会におけるワイルドカードも獲得。

浜選手はインタビューで「I just tried to do my best and to have fun!(ベストを尽くし楽しむことを心掛けました)」と優勝の喜びを語りました。

なお、同大会に出場した日本人選手は、男子スキーの佐々木悠選手が10位、楠泰輔選手が15位でした。

今シーズンのFWTは、第3戦が3月1~7日にヴァルナルド-アルカリス(スペイン – アンドラ公国)、第4戦が3月9~15日にフィーバーブルン(オーストリア)、最終戦が3月31日~4月8日ベルビエ(スイス)で開催される予定。