DEW TOUR チームチャンレジはDCチームが優勝!

 

今年で3回目となったDEW TOURチーム・チャレンジ。
今大会は、各メーカーの選りすぐりのチーム・ライダーたちが、ジブ、ジャンプ、パイプという3種目に挑みその合計点で争うというもの。

優勝したのは、DCチームだ。

セベ・デ・バック(ジブ)
モンズ・ロイズランド(ジャンプ)
トビー・ミラー(パイプ)

チーム戦というのは、おもしろいものだ。
オリンピックに出場しないようなセベ・デ・バックがジブセクションで魅了し、チームのために得点を挙げ、
パイプでは、ワールドカップで活躍するショーン2世のトビー・ミラーが優勝に導くパフォーマンス。

ウィンター競技でもジャンプやスケート競技などチームで得点を作り上げ、メダルと狙うという図式が盛り上がりを見せるが、今後、このDEW TOURが始めたチームチャレンジがオリンピックの新種目になってもおもしろいだろう。

バートンチームからは大塚健がジブ種目で出場し、子分奮闘した。
大塚は最初のアイテムで270オン270アウト、続いてバックサイド180トゥ・スイッチ50-50、ノールではスタイリッシュにバターオフを決めて、50-50トランスファー・トゥ・ノーズスライド・プレッツェル、そして50-50トランスファー・トゥ・ボードスライド270でまとめ。これでジブ部門最高点となる93.33を叩き出した。

ちなみに今大会で採用されたパイプというのが、上部にスパイン、下部にヒップが設置されるなど、スーパー・クリエティブなコース!くわしくは、以下、動画のトビー・ミラーのランをチェックを!!

Snowboard Team Challenge Results
1 DC, 254.33
2 Capita, 245.67
3 Rome, 230.33
4 Nitro, 230.01
5 Burton, 225.33
6 Salomon, 182.00