Burton視覚芸術の発展を担う財団のデザインボードを発売

5

Burtonスノーボードは視覚芸術の発展を担うアンディウォホール財団のデザインボードを発売することになった。

Burtonとアンディウォホール財団がネバタ州ラスベガスで行われるSIA(アメリカスポーツ用品)トレードショーで限定のスノーボードギアを発売することを共同で発表した。

このユニークなコレクションはウォホールの類まれなる芸術的な才能をスノーボード業界にもたらし、スノーボード・ブーツ・バインディング・(アウター)ウェアー・インナーや旅行カバンにおいてウォホール独自のデザインがプリントされることとなる。商品は世界中で2007年8月に発売される予定である。

アンディウォホール財団が我々Burtonにスノーボード用品のコラボレーションを提案した時、私はウォホールファンの一人としてとても光栄だった。」とBurton副社長兼製品ディレクターのグレッグダーシーは言う。「アンディウォホールのアート・ファッション・音楽そして人生における人並みはずれた才能はスノーボードそして我々バートンのすべてを具体化する。財団は我々にウォホール自身が誇るユニークなモノ作りを支え、彼と働くという素晴らしい場を与えてくれた。」

アンディウォホール財団のライセンスディレクターのマイケルへルマンは「財団は産業先駆者であるBurtonとアンデイウォホールの芸術精神を共有して仕事ができることに興奮している。財団はBurtonとの関係を誇りに思い、この仕事を手掛ける間、どんな世代にも普遍性を持って影響を与え続けるだろう。」と話す。それはBurton製品によってあなたがアンディウォホールに出会う時明確になるだろう。

20世紀の優れた芸術家の1人としてアンディウォホールは芸術の今までにない一面を世界に向けて発信した。この限定版コレクションはアーティストの洗練されたデザインセンス、独創的な芸術活動、属すところの無い自由な精神(プロテスタント精神?)を賞賛する。

ウォホール製品はギャラリーの一角にスノーボードグラフィックとして展示される。バインディング・ブーツにはウォホール独特の芸術技術が使われる。アパレル製品には革のジップアップパーカー、エナメル加工のボトム(ズボン)、波目加工のリボン、サテン裏地といった細かな加工が施されたユニークな作品(製品)が構想されている。

すべての製品は細部にまで注意が払われたバートンの産業先駆技術を自慢とし、ウォホールコレクションは乗り手を楽しくさせることに間違いないだろう。

Burtonスノーボードについて
1977年ジェイクバートンカーペンターがバーモントでバートンスノーボードを設立した。以来Burtonはその革新的な生産ラインとリゾート地でスポーツ(スノーボード)を受け入れてもらう努力とトップライダーによるチームによって世界的なスノーボードの発展を担った。1996年にバートンは小物(ゴーグル)やアパレルブランド部門を展開させた。ジェイクによるBurtonスノーボードはバーリントン(アメリカ)、インスブルック(オーストリア)とバーモントおよび東京にオフィスを持つ。

アンディウォホール財団について
Burtonによるアンディウォホールデザインの製品はこの財団の許可の下、生産される。この財団は1987年ニューヨークの非営利会社が設立した。アンディウォホールの意志に基づき、視覚芸術の発展を担っている。財団の目的は革新的かつ芸術的なアーティストと彼らの作品を支持し、自由な表現の場を作ることである。財団は累計700万ドル以上となる1700件もの事業やアーティストに援助を行っている。
http://www.warholfoundation.org./


http://burton.com/