BACK TO THE BASIC

文:齋藤 稔

今年はとんでもない雪の当たり年。みなさんもゲレンデに行って楽しんでいることと思います。雪が多く降ったからパークやパイプのサイズがビッグになったり、整備が行き届いたり、良いこといっぱいですよね。先日のクラブツアーでも、白馬で「もう食べられません」っていうくらいパウダー満喫してきました。
そんな中クラブ員の女の子が言った一言「やっぱりフリーランって楽しいよね。ジャンプとかも好きだけどずっとそこにしかいないでジャンプしてるのって何だかもったいないよね」
そうなのです。実はこういう人(ワンメイクしかしない人・パイプしかしない人)って意外と多いんですよね。みなさんの周りにも少なからずいるでしょ「俺ってパイプしかやんないから」「やっぱワンメイクでしょ」って人達。そう言う人たちは確実に損してます。断言します!

朝一でパイプやパークに向かい、クローズするまでそこに居座る人たち。結構いますよね。それって実はスノーボードの一部分しか楽しんでいないんですよ。
「でも、フリーランってなんだか同じじゃん、飽きちゃうよ」
そんなことはありません。パークやパイプでレベルアップする方法はフリーランの中にもいっぱいあるんですよ。例えばフリーランでのフェイキー。これができないとフェイキーアプローチやフェイキー着地が上手くできない。例えば高速カービング。すべてのトリックの高さはスピードで決まる。よってハイスピードで自在にボードをコントロールできない人は、安定した高さを出せない。例えばロングラン。基本ができていないときっちりと長い距離(時間)滑っていられない。パイプやパークで長く遊ぶにはロングランで体力をつけるとグッド。どうです?ちょっとあげただけでもフリーランって奥が深いでしょ。

そこで提案「もっとフリーランしよう!!」やっぱりスノーボードの原点はフリーランです。誰でもスノーボード始めた頃ってフリーラン最高に楽しかったでしょ?その楽しさ忘れてないですか?

BACK TO THE BASIC
基礎を怠ることなかれ。すべての極意はフリーランにあり。