Arctic Challenge ピロインネン1位抜け!

ビッグ大会Oakley Arctic Challenge(オークリー・アークティック・チャレンジ)のスロープスタイルでピート・ピロイネンがセミ・ファイナル1位抜けした。

地元の英雄ホグモが巻き返しできるか、注目される。

Arctic Challengeはテリエ・ハーコンセン提唱による大会で、世界主要大会を結びTTRツアーの看板大会になっている。TTRツアーでも最も権威が高くポイントを稼げる6つ星大会だ。

五輪銀メダリストでも注目が高いピート・ピロイネンは、キャノンレールでキャブ270インしてフロントサイド540アウト。キッカーではバックサイド1080に、バックサイド・ロデオ720を決めてハイエスト・スコア。

2位は、ベルギーのセッペ・スミツ(Seppe Smits)、そして3位には地元ノルウェーの英雄トースタイン・ホグモが入った。

以下、ファイナル出場するトップ10選手たち。

1 Peetu Piiroinen FIN
2 Mikkel Bang NOR
3 Tore Holvik NOR
4 Eric Willett USA
5 Seppe Smits BEL
6 Torstein Horgmo NOR
7 Mark McMorris CAN
8 Ville Uotila FIN
9 Roope Tonteri FIN
10 Sage Kotsenburg USA

以下、セミ・ファイナルで落ちてしまった選手

Marko Grilc
Mats Hofgaard
Matti Kinnunen
Gjermund Braaten
Ulrik Badertscher
Sam Hulbert
Chas Guldemond
Arthur Longo
Stale Sandbech
Brandon Reis

以下、さらにその前の予選で落ちてしまった選手

Kim Rune Hansen NOR
Miikka Hast FIN
Christian Haller SUI
Janne Korpi FIN
Sondre Tiller NOR
Markus Malin FIN
Eero Ettala FIN
Alexander Ostreng NOR
Heikki Sorsa FIN
Antti Autti FIN
Atsushi Ishikawa JPN
Janne Lipsanen FIN


http://www.t-a-c.no