【2019-20年版】オススメのスノーボード・パウダーフリーライド系9選 MOSS / SW

SWとはスワローテール、つまり燕のしっぽの形からインスピレーションされたとても機能的なテールデザインです。
ツバメの捕食をご存知ですか? ツバメは素早く飛んでいる小さな昆虫を空中で捕まえます。 素早く上下左右に..時には細かく、また時には大きくも旋回する。 スワローテール(フレックステール)はその要素が取り入れられています。 ロッカーラインが変化すれば(板がシナれば)ターンの大きさも変化します。シャープでシナるスワローテールは強く踏むと板がシナり俊敏で小さなターンができます。 この特性を活かした構造がスワローテールシリーズです。

MOSS SNOWSTICK 58SW
SPECIFICATION
O.Length…1580
R.Lengt…924
EF.edge…1270
Sidecut.R…9800
Nose/Tail…308/300
Waist…265
Stance Width…520(440-560)
Set Front…42

50SW:女性や軽量の男性に向けて開発した50SWは、58SWの素晴らしさを凝縮して開発しました。パウダーや柔らかいザラメ雪でまるでゲレンデの圧雪バーンを滑っているかの様なマジックな乗り心地を体感してください。

58SW:ロングスリットのスワローテールは、カットされた面積分軽量になり高い運動性能を生み出します。また、パウダーではテールが沈み込みやすくなるため、スピードコントロールがイージーになります。

62SW:58SWよりも少し短く、太いスワローテールは力強い粘りが特徴のひとつです。ハイスピードでの安定性は高く、切れ味の良いターンが持ち味です。

価格: 94,000円 (税別)

ライダーコメント/ 内田利法
「58SWはターン時に雪面を捉える有効エッジが長めなのでオープンバーンでの気持ちの良いカービングがし易いのと、見た目の長さよりもボトムの接雪が狭いので地形の中でもクイックな動きも出来ます。
SNOWSTICKのモデルの中でも、特に長くしなやかなスワローテールはターン後半で踏み込むとそこからさらに深くしなやかに切れるのでサーフィンで言うカットバックのような動きができます!
スピード域も中速で十分に高揚感のあるライディングを楽しめるのでパウダーや圧雪バーン、春のシャバ雪までゲレンデをサーフライクに滑れて最高です!」