SフィッシャーがドでかいBS900でショーン破る!

WINTER X GAMES 11男子SuperPipe速報

スティーブ・フィッシャーが、パイプの歴史の中でも最もデカく飛んだと思われるB/S 900でショーン・ホワイトを破り金メダルに輝いた。

遂にショーンを破ったライダーが出た!photo by X-Games

アナウンサーも「こんなにどデカいバックサイド900を見たことない!」と絶叫コメント。
トリノ五輪の時、ヒールサイド側からブラインド方向に回るバックサイド・スピンは、勝負の行方を決めるとも言われていたが、たった1年間でこんなに進化してしまうとは。スティーブ・フィッシャーのルーティンはバックサイド・スピンが多く、彼のブラインド・スピンに賭けた努力を伺えるルーティーンだった。

スティーブ・フィッシャーのルーティーンは、
ストレート・エアー(メラングラブ)→B/S 540→F/S 1080→SW 720→F/S 900→B/S 900→F/S 720

フロントサイド1080にしても、あまりにもデカくスムーズに決めるので、1080も回っていない錯覚をしてしまうほどの完成度。それにしてもしっかりとグラブも入れてのバックサイド900は驚愕もの。前からうまいライダーと言われていたがスティーブ・フィッシャーだが、この日を境にさらに世界の注目を浴びそうだ。またしても進化しているアメリカ勢に驚かされる。

2位となったショーン・ホワイトが、どんなルーティーンだったのか!

ストレート・エアー(メラングラブ)→B/S 900→F/S 900→マックツイスト→F/S 1080→SW 1080→F/Sアーリーウープ→B/Sアーリーウープ

こうしてフィッシャーとショーンのルーティーンを並べてみれば遜色はないけど、ショーンの方は全体的にスムーズ感が欠けた。最初のストレート・メランコリーまではフィッシャー以上にデカく飛んだし、スタイルも出していた。しかし、2発目のB/S 900からすでにゴリゴリにメイクった印象で、その後もマックでリップとプラットホームの角に落ちたり、全体的に高さがバラけたりで、精彩に欠いたのだ。その結果、ショーンは2位に甘んじた。

金メダリストのショーンに勝ったフィッシャーは、この夜さぞかしうまい美酒を味わったに違いない。一方のショーンはこの負けで新たに前進する薬になるだろうし、今後もアメリカのレベル高いパイプ陣に目が離せない展開だ。

Men’s SuperPipe Finals
Rank Athlete Run 1 Run 2 Run 3 Best Score
1 Steve Fisher 92.00 58.33 88.00 92.00
2 Shaun White 43.00 91.00 88.00 91.00
3 Mason Aguirre 84.00 90.66 90.00 90.66
4 Kevin Pearce 86.00 47.33 89.66 89.66
5 Danny Kass 45.33 89.00 53.00 89.00
6 J. J. Thomas 80.33 81.33 79.00 81.33
7 Antti Autti 30.00 78.33 81.00 81.00
8 Tommy Czeschin 79.33 80.33 48.33 80.33
9 Mathieu Crepel 71.00 73.66 76.00 76.00
10 Chad Otterstrom 63.33 49.00 53.00 63.33


http://expn.go.com/