dmkライダー4番目の男に渡邉雄太!

dmkで応援するライダー4番目の男に渡邉雄太が決定した!

アドベンチャー・フリースタイラー渡邉雄太がdmkに加入!

渡邉雄太は、長年スノーボードの活動拠点をウィスラーにあり、dmkとも長い付き合い。今では、多くのライダーが行くようになったスノーモービルでの撮影も、ウィスラーでは小松吾郎、布施忠などに次いでベテランである。
ノーマルなライダーと違って、プロの山岳ガイドを目指すなど我が道行くという印象で、異色な存在。アドベンチャー・フリースタイルという新しいカテゴリーを提唱しているライダーだ。

すでにdmkでは、インタビューの他にバンクカントリーでのレポートなどにより、その存在を紹介して来たが、今後はさらに渡邉雄太が目指す活動をサポートして行くことになる。

以下、ユウタからの今後の豊富や活動予定などをご紹介しよう。

「dmkをご覧の皆さん、こんにちは!
dmkさんには以前から活動を応援していただいておりましたが、今シーズンより改めてdmkライダーとして迎えていただくことになりました。

18歳の時、右も左もわからぬままカナダに来て、ただうまくなるために滑っていた頃、思えばあの時からdmk代表のフサキさんは自分を見ていてくれたような気がします。

そして26歳になった今でも応援してくれている。
そんな嬉しいことはありません。

これからも自分の活動を通してdmkのイメージアップに少しでも貢献して行きたいと思います。
dmkファンのみなさん、どうぞよろしくお願い致します。

さて、今シーズンの活動についてですが、例年通りカナダで活動します。
27日のウィスラーオープンに向けて現地入りし、先ずはひたすら滑ることですね!

その後は、昨年からいっしょに活動している仲間たち「Powdernet Explorer」といっしょに、ウィスラーに限らず、カナダのバックカントリーを歩き回る予定です。

ズバリ!今年のテーマは、自分で登って自分で滑る。
スノーモービルではアプローチできない急な山を登って、フリースタイルのライダーらしい表現ができれば最高です。

2月の中旬にはISTpicturersのクルーがトリップにやってくるので、2週間ほど撮影に参加する予定です。

そして、春には一週間くらいの大きなバックカントリートリップを計画中!
やりたいことが、いっぱいです。

SNOWSTYLEの本誌に書いている見にコラム「World note pad」やスノスタBLOGで動向がチェックできるので、ぜひ見てくださいね!
http://blog.livedoor.jp/snowstyle_blog1/

それから、Transworld Snowboarding誌の付属DVD企画、チームウォーリアーズもチェックしていてください。
地元の仲間たちと一から始めたフィルミングクルー、チームウォーリアーズ現在2連覇中のINanamwokが今年も登場しますよ!
http://inanamawok.nobody.jp/movie.html

シーズンインも後わずかですね!
それでは、みなさん良いシーズンを。」

渡邉雄太

 

photo by Hi-6

出身地:神奈川県(北海道育ち?)
1982年生まれ、175cm、67kg、AB型
ホームマウンテン: ウィスラーブラッコム
 
使用ギア:
ボード RIDE,UL
バインディング RIDE BETA
ブーツ Deeluxe Empirer,ID
ウェアー Haglofs Sturn(ジャケット) ALTO pant(パンツ)
スノーシュー MSR,Lightning Ascent
スノーモービル skidoo summit700
            
スタンス幅、56センチ(レギュラースタンス)
アングル、前+18、後ろ0

Sponsors: Haglofs, Hestra, Deeluxe, LADEclothing, Spiny, INanamawok, ISTpicturers, Powdernet Explorer, dmk

dmk riders team:
平野創、井上智秀、吉沢こずも、渡邉雄太