龍正ブラッコムで始動開始!

高橋龍正がカナダ・ウイスラーに帰って来てブラッコム・パークで始動開始!

龍正(リュウセイ)は、盟友RYOKI(小川凌稀)とロードトリップするために、北米入り。まずはRYOKIと共にブラッコムで試運転し、今月中旬にも南下しカリフォルニアに行く予定だ。

元気にブラッコムを滑る龍正。すでにエンジン全快だ。

シーズンオフ中も毎週イベントやコンペティションがあり、いたって調子は良いという龍正。特にジブはオフにもやり込んだこともあり、すでに準備OKとのことだ。
もっとも龍正の場合、18歳という若さながら、すでに15シーズン目の大ベテラン・ライダーでもある。キャリアが長い分、シーズンインの戸惑いも少ないようだ。

この日のブラッコムは、気温がぐっと冷え込み雪質良好!新雪はわずかな量だったが、ここ何日か山では降り続けているので、ちょっとしたパウダーも楽しめた。
ウォーミングアップがてらに、龍正とRYOKIは、トゥリー近辺のパウダーをいただき、軽く雪庇ジャンプも楽しんだ。スプレー上げも気持ち良さそう。

若さもあるのだろうが、朝から元気に身体を動かしていく。龍正はシーズンインならではの筋肉痛や、乗れてない感とは無縁なようで、エンジン全快モードだ。

パークでスタイル抜群な二人だけに、フリーランもうまい。ボードがまるで、身体の一部かのようにうまく操作する。元気なライディング・スタイルは、見ている方も楽しい気分にさせてくれる。

RYOKIに龍正の良いところを聞くと、「攻めているところ」と答えてくれた。
確かに、龍正はガンガンに攻める。今日も最初の雪庇は、龍正が飛んで写真のようにきれいにグラブを決めてくれた。ランディング地点に、トゥリーがあり引っかかったようだが、気力でカバー。

RYOKIも龍正のように攻めていくタイプなので、お互いのテンションを高め合いお互い向上していくようにも見えた。

フリーランでウォーミングアップした後は、パークに流れ込んだ。
龍正は、結構なメイク率の高さだった。ジャンプもジブもカッコいい。

飛び、擦り、そしてフリーランとバランスの取れたライディングは、将来どんな方向でも活かせるだろう。国内だけに留まらず海外でも充分にやっていける存在だ。実際、龍正のスポンサードしているLanding Headwearは、RYOKIと共に積極的にグローバル扱いしてくれて、カタログに名前を出し、ブログでも紹介してくれている。

この二人に、アメリカで戸田真人も合流し、今季は新たな台風を巻き起こすつもりだ。
気になる彼らのクルーの名前は、TEAM NINJAとなる模様。
今季の若き忍者たちの活躍から目が離せない!

 

Landing Headwear Facebook
http://www.facebook.com/westbeachjapan#!/landingheadwearjapan?fref=ts


LANDING HEADWEAR お問い合わせ先
(株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@fieldgate.jp


http://landingheadwear.com/