高石周の教えてコーチ!「国産と海外ボード、どちらが良い?」

世界の舞台でコーチとして活躍する高石周さんが、スノーボードの上達に関する悩みから、環境の提案など、様々な角度からスノーボーダーの相談に乗ります。
今回は、滑り方のハウツーではなく、国産ボードと海外ボード、どちらが良いか?という質問の回答になります。

news150411d

news131002f

質問者:あたり前田

板についての質問もよろしいですか?
日本製ボードと、海外製ボード、どちらが良いか?日本ではお店によっていろいろと言われることも違うのですが、ウィスラーで滑る方から見て、このあたりの問題はどのように感じますか?各種の大きい国際大会で日本製ボードが優勝していないことを見ると、やはり海外製のほうがお勧めなのでしょうか?
よろしくお願い致します。

 

news131002g

難しい質問ですねえ。まず私が店員さんほど知識がないことを前提で読まれてください!

一口に海外製と言ってもあまりにも多くのブランドがあり、どこのブランドが優秀な商品を製造しているかは言い難いです。
しかしよく知られているのは、どこの工場で作られたか?でその製品の品質が判断されることは多いですね。
私もウィスラーの「PRIOR」というブランドの工場を何度も見学に行ってますし、実際にそこの板を乗っていました。大まかにですが、あの工場でこの板か、という工場による品質の差は少しは体験しています。

スノーボードの道具はアウトソーシングで製造されることは常識です。
例えば一つの工場が複数ブランドの製品製造を請け負っているわけです。(PRIORでは日本ブランドの板も製造されています)

海外ブランドでCAPITAのような評判の良い板がありますよね。自社工場かもしれませんが、その板がどこの工場で作られているかを調べます。それはクオリティーの高い製品を作る優秀な工場ということであり、その事実だけ覚えておけば、次に気になる板が見つかった時には、その板がどの工場で作られたかを知れば大体クオリティーは分かってきますね。
日本にも優秀な工場はあるそうです。スキーを製造している工場がそれらを担っているケースも聞きます。
例えば「OGASAKA」の工場は良い評判を聞きますね。つまりその「OGASAKA」工場で作られているブランドの板は間違いないということですね。こういう風に考えてみると、海外も日本も優秀な工場で製造されていれば間違いないということだと思います。あとは板のコンセプトと自分のやりたいスノーボードがマッチするかどうかだけでしょうね。

日本製の板が国際大会で勝ってないというのは、ただ日本ブランドが海外での販売戦略で負けているからにすぎません。海外での販売戦略においてもっと努力しないと、良い選手やライダーは獲得できませんからね。日本の板も十分良いクオリティーのはずですよ。

下記URLから投稿を確認できます。
http://6218.teacup.com/snbw/bbs