青野令が2季ぶりにW杯シーズン優勝!

バンクーバー五輪への道。青野令が2季ぶりにワールド・カップのハーフパイプ・シーズン優勝を飾った!

ワールドカップは、21日にイタリアのバルマレンコでハーフパイプ最終戦を行った。この試合、青野は欠場したが、今季貯めたポイントの高さで、2季ぶり2度目の種目別優勝を果たした。

青野は今季W杯3戦に出場し、1月の郡上大会で優勝、2戦で2位。1月には日本人選手として初の世界選手権で頂点に立った。

女子は開幕戦で優勝した中島志保が種目別2位、2月に3季ぶりに優勝した山岡聡子が3位だった。最終戦で今季3勝目を挙げた中国の劉佳宇が種目別優勝した。

 
ショーン・ホワイトなど、アメリカの強豪選手が常に出場してこないW杯だが、この結果は、バンクーバー五輪の出場選手の選考の1つの目安になると思われる。