歴史に名を刻んだ!カズUS OPENタイトル獲得

國母カズが歴史に名を刻んだ!世界でも最も歴史があり、スノーボード界最高峰のコンペとも言われるUS OPENハーフパイプで、見事にダブルコーク1080を決めて優勝した。

カズが歴史に名を刻む勝利!

28年という歳月の中で、常に世界最高峰のライダーたちが参加したコンペティションUS OPEN。その種目の中でもハーフパイプは、極めて最高峰の印象が強い。ソルトレイクから、世界最高峰のパイパーたちが五輪に流れたことで、真の世界パイプ王者は五輪で決まるという流れも生まれた。しかし、スキー協会FIS管轄のコンペでなく、純粋にスノーボーダーたちが作り上げて来た最も歴史ある大会という意味では、今なおUS OPENの名は輝いているし、何より歴史の重みを感じさせる。

クレイグ・ケリー、テリエ・ハーコンセンという五輪に無縁だった神・伝説たちが過去の栄冠を勝ち取っている意味においても、この大会の重要さが身に染みるというものだ。だから、こそ今回のカズの優勝は、まさに日本スノーボード界の歴史に名を刻んだと、言ってもいいだろう。

しかも、今回はあの五輪で決められなかったダブルコーク1080を見事にメイクっているのだ!

気になるカズのルーティーンは、フロントサイド900メラン・グラブ→チキンウィング・マックツイスト→フロントサイド1080→キャブ1080→フロントサイド・ダブルコーク1080。

2位には3つのダブルコークを決めたルイ・ビトー。3位にはキャブ1080と1260ダブルコークまで決めたI POD(Iouri Podladtchikov)だった。
単純にスピン数などでは、ルイやアイ・ポッドが上回ったが、高回転を低回転に見せるスムーズさや、流れるように繰り出されるトリックのフロウ感で、カズがライバルたちを圧倒した。

ショーン・ホワイトがいないということが残念だったが、カズの最高のランを出せれば、やはり五輪でもメダルは確実だった!という印象を付ける大会だった。

女子では、フロントサイド・コーク900を繰り出したケリー・クラーク。
なんとケリーは、これで4度目のUS OPENタイトル獲得。かつて誰も達成できなかった4度の栄冠は、まさにハーフパイプ女王だ。こちらも歴史に名を刻んだと言っていいだろう。

Halfpipe Men Final
Run 1 Run 2 Run 3
1 Kokubo Kazuhiro 95.33 97.17 79
2 Vito Louie 96.17 86.5 94.33
3 Podladtchikov Iouri 96 94.67 40.33
4 Malin Markus 93.83 62.33 50.33
5 Korpi Janne 91.83 43.17 43.67
6 Lago Scotty 90.17 13.17 29.33
7 Holvik Tore 86.17 40.17 38.67
8 Haller Christian 68.83 28.17 76.33
9 Pietropoli Manuel 75.17 34.83 66.5
10 Baker Ross 49.17 36.5 72.67
11 Esser Brett 69.33 20.5 19.67
12 Piiroinen Peetu 47.33 68.33 66.17
13 Watts Ben 22.33 61.17 40
14 Mitrani Luke 14.5 57.17 31
15 Pike Scotty 33.33 55.67 20
16 Ladley Matt 24.67 22.67 55.5
Halfpipe Women Final
1 Kelly Clark USA
2 Kaitlyn Farrington USA
3 Ellery Hollingsworth USA
4 Hannah Teter USA
5 Rana Okada JPN
6 Elena Hight USA
7 Kelly Marren USA
8 Madeline Schaffrick USA


http://www.opensnowboarding.com/Home.aspx?openid=USO