布施忠が日本ライダーで最高峰メジャーの広告扱い

カナダで出している唯一のスノーボード専門誌SNOWBOARD CANADA誌の最も目立つ表紙裏の見開きページで、布施忠がドカーンと掲載されているBURTONの広告が掲載された。この扱いは間違いなく、日本人のプロ・ライダーの中では最もメジャーの扱いで、布施忠は着実に歴史を動かす凄いライダーになっている。

過去を遡れば、クレイグ・ケリーとビデオ競演した竹内正則、海外の強力レーベルで1パートをゲットした小川マサト、そしてマックダウ(ビデオ)に登場したライオなどがいたが、その誰もが布施忠ほどのメジャーな扱いをされたことがないのではないだろうか。そんなインパクトあるBURTONの広告が登場した。カメラマンも日本人で、以前dmkグローバル・インタビューにも登場したDice-K Maru氏。この見開きの滑り写真のところには、こんなメッセージがなんと日本語で書いてある。
「変化の前兆を思わせる突風がスノーボードの現在と未来をつける。」(以下省略)
海外向けの広告にも、日本語でキャプションがあるのも、まさに変化の前兆を思わせる出来事だ。

スノーボードのメイン・ストリームは、雑誌での頻繁な登場や、ビデオでのカッコいいパートに出ることだが、布施忠はまさに海外で活動し、このような地位を築き上げて来た。ここ最近はウィスラーに多くの日本人ライダーが滞在し、スノーモービルを使ってバックカントリーでのフッテージを残す活動も盛んになって来ているので、布施忠に続くグローバルなライダーが増えて行くのだろう。


(左、布施忠登場の広告がドカーンと掲載された今月号のSNOWBOARD CANADA誌)
(右、日本人スノーボーダーたちが心待ちにした布施忠の超メジャー扱いのBURTON広告。忠は遂に歴史を動かした!)