大回転で念願の金!JJアンダーソン

4度目の五輪で遂に金メダル!地元カナダのジェシージェイ・アンダーソンが本日開催された男子パラレル大回転で、逆転勝ちで金メダルをもぎ取った。

JJパパが念願の五輪メダル!

金メダル獲得後のインタビューでは、涙が溢れて言葉が出なかった。
それはそうだろう、このジェシージェイ・アンダーソンという男は、スノーボードが初めて五輪種目に選ばれた長野五輪ではメダル候補と言われながら、不運の大転倒。

世界選手権では、通算4勝もしている。ワールドカップでは、通算26勝という無類の強さだ。しかし、そんな最強のアルペン・ライダーでも五輪の女神は一度も微笑んでくれなかったのだ。

そんなジェシーが、遂にメダル獲得の決勝ヒートまで上がった。
この時点で銀メダルを確保。しかし、決勝1本目は、相手のベンヤミン・カール(オーストリア)に0.76秒の遅れを取った。パラレルGSにとってこの遅れは1旗門以上もの遅れたハンデを背負うことになる。
しかし、2本目、最後の3旗門というところで全力滑走し奇跡の逆転V!見事に金メダルを獲得したのだ。

22歳で初めて挑んだ長野五輪からジェシーは、今では34歳。4歳と3歳の幼い娘のパパになっていた。
娘たちはママとおばあちゃんに抱かれながら観戦席にいたが、幼過ぎてお昼寝。しかし、パパの決勝ランにはきちんと観戦していた。幼いのでなんでパパが泣いているのかわからないようであったが、いつかパパの偉大さを知る日がうあって来るだろう。

JJパパは諦めずに4度目の地元五輪開催で遂に金メダルだ!

男子パラレル大回転結果  
 

ジェシージェイ・アンダーソン

カナダ
  ベンヤミン・カール オーストリア
  マチュー・ボゼト フランス


http://www.vancouver2010.com