全日本スキー連盟が平野歩夢と角野友基をB指定に!

悲願の五輪出場を掛けていた平野歩夢と角野友基に朗報!

全日本スキー連盟は、ソチ五輪に向けて強化指定選手を発表。これまで強化選手とは無縁だった、平野歩夢(ハーフパイプ)と角野友基(スロープスタイル)がB指定選手となった。

指定は、主に4ランクに分かれていて、一番期待が高い特Aから、A、B、Cの順になっている。
ランクが高いほど、強化費用などのサポートも高まるが、指定選手に選ばれること自体が、五輪に出場が期待が掛かるナショナルチームの選手になれたという意味で、このまま二人が世界を舞台に活躍すれば、五輪出場は間違いないところ。

角野友基は、昨年12月に北京で行われたAir & Styleで優勝し、また平野歩夢に関しては、世界の強豪が集まったX-Gamesで銀メダルを獲得するなど、二人のティーンは世界を舞台に活躍中。

今回の全日本連盟の強化選手になったことで、五輪を向けて迎撃態勢が整ったと言えそうだ。

以下、スノーボードの強化選手。

ハーフパイプ
A:平岡卓、青野令
B:平野歩夢

アルペン
A:竹内智香

スロープスタイル
B:角野友基

スノーボードクロス
B:藤森由香