今週ニュージーランドで五輪級バトル

今週25日、26日のニュージーランド・カドローナで開催されるW杯『LG Snowboard FIS World Cup in New Zealand』で、ショーン・ホワイトが参加すると発表があった。

主役の登場でNZ大会は五輪級バトルの様相に。

すでに出場の発表があった青野令など、今回も五輪で出場する主力メンバーが登場することになり、五輪前哨バトルになる様相だ。
女子の方も、アメリカのケリー・クラーク、ハンナ・テーター、グレッチェン・ビューラー、昨年のW杯シリーズ王者のJiayu Lu(中国)も出場する見込みで、こちらの方も五輪レベルの戦いが繰り広げられそうだ。

どの選手にとっても、五輪までの期間はすでに秒読み段階になり、ここで仮五輪としてのルーティーンをぶつけて来そうな気配濃厚。それだけに、ひじょうに楽しみな一戦である。

昨年、W杯王者で日本が期待する青野は、ショーンが出たW杯では勝ったことがないだけに、ここでなんとか一矢報いたいところ。

この後の五輪までの道筋は、11月のスイス・サースフェでのW杯。

そしてシーズンインになり、この後、アメリカ勢はW杯を回らずにUSグランプリで五輪の出場権獲得の争いに突入するだろう。過去2回の五輪時期には、この大会に米国以外の主力選手が出ることがほとんどなかったが、今年は日本勢の出場もあると言われている。

シーズンインしてからのW杯は、1月にオーストリア、さらに1月後半にカナダのストーンハムとカルガリーでのW杯もある。
この時期には、五輪のメダル候補であるアメリカ勢がW杯に出場しないだろうから、もしかしたら今週のニュージーランド大会が、最後の前哨戦になるかもしれない。

オリンピックまでの道のり

8月25日、26日 W杯 NZカドローナ
11月4日、5日 W杯 スイス・サースフェ
12月11日、12日 USグランプリ・カッパーマウンテン
1月6日~10日 W杯 オーストリア・クライシュベルグ
1月7日~10日 USグランプリ・マンモスマウンテン
1月20日~24日 W杯 カナダ・ストーンハム
1月22日、23日 USグランプリ・パークシティ
1月28日~30日 W杯 カナダ・カルガリー