世界一バカな大会!?

世界一バカな大会かもしれない!?ウィスラーでWestbeach主催チャイニーズ・ダウンヒルが開催されて、その模様(動画)がアップされた。

 この大会バカ過ぎ!?

北米で最も大きなスキー場で最もタフなコースで、この大会は密かに行われたようだ。

ウィスラーのミリオンダラーリッジからクリーサイドまで降り、そこからさらに地下駐車場のスケートパークまで行って、ビール1缶を飲み干すという過酷なレース。

このコースはパウダー・トゥリー、しかも下はコブコブでも有名なところ。距離にしておよろ10キロ・メートルを、ノンストップで降りるのはハンパでなく疲れる。というか、そのコースを楽しんで滑るというのならともかく、レースしてしまうなんて無謀なんだろう。

そんな過激なレースに参加したのは、dmkでお馴染みのルーブ・ゴールドバーグやSandbox隊長のケビン・サンサローン、さらにはバックカントリーでゴリゴリなラインで攻めることで有名なシン・カンポスなど。

スケートパークに最初に、駆けつけたのはケビン・サンサローン。20代が多くいるだろうと思われる大会で、最初に来たのはご立派過ぎる。というか、ウィスラーのビデオ・プロダクションズのドンに他が譲った格好だったか。
しかし、ケビンは心臓バクバクでビールを一気に飲み干せない。そんな時、シン・カンポスがやって来て、バックカントリーの攻めごとく、ビールを一気に飲み干してみせて見事に優勝!
みんなで出しあったのだろう集めた賞金500ドルを掻っ攫った。シンも30代半ばだろうし、そのクソ体力には驚かされる。まさにオヤジ・パワー炸裂だ。

ちなみに1980年から90年後半には、こんなバカなレースも少なくなかったんだよ。ということで、このレースには、古き良きスノーボードの大会の香りが漂っていて、ぜひぜひ右上の動画を見ることをオススメするよ!

あと、この動画見て「ああ、ウィスラーに戻りてぇ~」と叫んだあなたは、かなりウィスラー通かも。このどんよりした色の空、雪模様。トゥリーにパウダー、かなりウィスラーっぽいでしょ?

First Annual Westbeach Chinese Dounhill
Winner: Shin Canpos