ルーブ・ゴールドバーグはコマーシャル撮影中

ハウツー・ビデオ浪人シリーズでメイン・ライダーを勤めるルーブ・ゴールドバーグは現在バンクーバーでコマーシャル撮影中だ。今までにも密かにいくつかのモデル仕事をやっていたが、今回はスタントもかねたもので、ルーブには適役の仕事である。プロ・ライダーだけで食って行くのは大変なルーブにとって願ったり!

「オレ、今日コマーシャルのオーディションに行ったんだ。周りにはカッコいい奴も多くてたぶんダメだったと思うけどさ」
そんなことを2週間前に言っていらルーブだが、現在コマーシャル撮影でバンクーバーにいることが判明した。ルーブは昨年までプロ活動をしながら、ウィスラーでピザ配達のバイトをしていた。山から下りた後に夕方から朝3時までピザ配達をしていて、常に疲れた様子だった。しかし、山の上ではいつも元気にライディングしていて、dmkがアレンジする撮影にも睡眠時間を削っても協力的に参加してくれていた。その甲斐あって、今ではNITRO撮影でスイスに行けたり、また北米で制作されているビデオでパートを持つようになり、プロとしての花が徐々に開いていた。そのルーブが、今年の冬、突然ピザ屋を辞めた。原因はオーナーとの衝突でケンカ別れだったようだ。ルーブの収入は、この事件によりスノーボードでのプロ活動のみ、に絞られて生活は苦しかったようだった。
実際、北米ではかなり名の知れたプロでも、月給が3000ドルぐらいで、日本円にして30万円程度。年収にして、360万円ほどでそれほど楽な生活ができるわけではない。ルーブの年収は、それよりも下であることが予想されるから、生活のやりくりとプロ活動を続けるのは大変であろう。
しかし、そんな矢先に今回のコマーシャル撮影は天からの恵! これで、しばらくは潤った生活ができそうだ。
(ここ最近はバックカントリーで気持ちいいエアーを披露しているルーブ。浪人シリーズのメイン・キャラとしても活躍中だ。フサキ・プロデューサー曰く、ルーブのメイン起用理由は、愛嬌と謙虚があるからとか。フサキ持論では、人間は謙虚と愛嬌がないと出世しないらしい。なんでもチャーリー・チャップリンの自伝で読んだ言葉だとか)