ドイツ発ISENSEVEN 『DON’T PANIC』発売へ!

ドイツ発のプロダクションISENSEVENの9作目タイトル『DON’T PANIC』が、10月30日に発売されることにった!

日本デビューの「Teenage Love Graffitti」でコアムービーファンで評判が高く、昨シーズンの「Let’s Go Get Lost」でブレイク。
年々レベルの上がる独自の撮影技法と編集センスはメジャープロダクションも唸らす。
そして今シーズンはヨーロッパ中からライダーを招集し総勢15名とライダーの層も厚くなり、制作スタッフも新しいメンバーが加わった。
北米系プロダクションのパワフルなライドと勢いもあり、ヨーロッパ系プロダクションの繊細かつポップなエディットありで、使用する音楽との繋がりがパーフェクトな映像を作り出しす。
前作で見られたモーター・パラグライダーで、巨大キッカーを至近距離から追い掛けて撮影するアメージングなアングルは今作品でも見られる。
ISENSEVENの底抜けに明るくファンな画作りの上手さは本作でも健在だ。

ロケーションはISENSEVENクルーが、こんなにいいところは他に知らないと豪語する地元ドイツのミューニックのストリート・レール、カリフォルニアのベアーマウンテンのパーク、英語も通じないロシアの田舎、オーストリア、ノルウェー、スウェーデン、スイスなどなど、なんと世界13カ国をも回り撮影を行ってきた。

「WELCOME」ティーザーが発表された今年の2月の時点でかなりのフッテージが残されていたので、13カ国での撮影となると映像を絞るのにも苦労したに違いない。

DVDには、ISENSEVEN情報が満載のブックレットが付録し、ボーナス映像には「ISENSEVEN’S Guide To The Galaxy」という44分のMOVIE IN MOVIEを収録。
このムービーはISENSEVENのスノーボード・トリップが時系列にまとまったムービーであるが、本編で使われなかったの不思議なぐらいのライドがここでも楽しめる。

今回もさらにアイデア満載の内容で見逃せない!DON’T PANIC!

時間:本編44分+ボーナス
価格:3,990円(税込み)
発売日:2010年10月30日
制作:Isenseven
制作者: Alex Schiller, Vincent Urban, Tom Elliott
前作:「Let’s Go Get Lost」

チャプターとライダーと音楽:
【intro】 Yeasayer “O.N.E.”
【Alex Tank】  Sparrow and the Workshop “A Horse’s Grin”
【Fredrik Evensen】  Faded Paper Figures “Small Talk”
【Tom Klocker, Simon Gruber】 Situation Leclerq “Shiny Boots”
【David Bertschinger Karg】  Darwin Deez “Radar Detector”
【Gary Greenshields, Sindre Iversen, Benny Wetscher, Tobi Strauss】  Coeur de Pirate “Comme des Enfants”
【Christophe Schmidt, Colin Frei】  Balthazar “This is a Flirt”
【Marco Smolla, Fips Strauss】  Sunset Rubdown “You Go On Ahead”
【Ludwig Lejkner】  Hockey “Song Away”
【Gjermund Bråten】  Grafton Primary “All Stars”
【outro】 Blitzen Trapper “Black River Killer

ボーナス:
『ISENSEVEN’S Guide To The Galaxy』(44分)
OUTTAKES, INTAKES AND SMACKTALKIN’(23分)
INTRO OUTRO(6分)

お問い合わせ先
チャンピオンビジョンズ株式会社
Tel:03-3499-2431
Fax: 03-3499-2432 
e-mail: info@championvisins.com

 
http://www.championvisions.com/