トム・シムス氏が死去

スノーボードのパイオニアで、SIMSスノーボードの創始者であるトム・シムスさんが、死去しました。

謹んでお悔やみ申しあげます。



トム・シムス略歴

1963年、中学2年生だったトム・シムスが、スケートボードを加工して作ったスキーボードを作る。
しかし、トム・シムスは、子供だったため、1965年にシャーマン・ポッペン(Sherman Poppen) が作ったスナーファー(Snurfer)が、最初のスノーボードと言われてしまう。このスノーファーは、合板の板に紐をつけバランスを取り真直ぐに斜面を滑り降りるだけの乗り物だった。

1969年、 シムスが、グラスファイバー材質のスノーボードを開発!

1976年 トム・シムスがシムス・スポーツ社を設立。同年、ジェイク・バートンが、Burtonスノーボードの製作を開始している。

1981年 シムスがメタルエッジつきボードを開発。コロラド州で初めての大会が開催された。

1983年、トム・シムスが、スノーボードの世界王者となる。
注:1975年にはスケートでも世界王者となっている。

1985年 ヨーロッパと北米でスノーボード協会が発足。同年、トム・シムスが、スノーボードのスタントマンを務めた映画ジェームズ・ボンドの「007 美しき獲物たち」が公開される。

1990年代に入り、スノーボードが世界的に爆発的な人気の予兆を迎える。その頃、シムスとバートンは、スノーボードの2大ブランドと言われていた。

しかし、同じ頃、シムスの看板ライダーだったクレイグ・ケリーが、バートンに移ると形勢は一気にバートンに傾き、シムスは徐々に2大ブランドの面影を失われていく・・・。

その他、トム・シムスの功績&ストーリー

最初にメタルエッジ付きのスノーボードを開発したと言われる他、最初のハーフパイプも作ったと言われている。
1980年代から1990年代初頭に活躍していたライダーは、シムス出身者が多く、テリー・キッドウェル、クレイグ・ケリー、ティム・ウインデル、ショーン・パーマーなどすべて元シムス・ライダーでハーフパイプで活躍した。
東のバートンはレーサーで西海岸のシムスは、フリースタイラーという時代で、当時、シムス信者であったスノーボーダーは、先鋭的フリースタイラーという流れがあり、業界をリードしていた。

また、1975年には、世界で最も長いスケートボードを作ったと知られ、まさに横乗り業界のファーザー的存在だった。

一方、よくジェイク・バートンと比較される点は、ビジネスで成功したジェイクと、ビジネスに失敗したトムというところ。
好きな横乗りをガムシャラに楽しくやった結果、ビジネスの方はおろそかになってしまったようだ。自身で始めたシムス・スノーボード社を手放すことになるが、多くのスノーボーダーたちに愛され、尊敬された。彼が残した功績は永遠にスノーボード界に語り継がれることだろう。


http://www.simsnow.com/