テリエ・バージョンに変わる!The Arctic Challenge 2014

30年前に世界で初めてレイクタホにスノーボードのハーフパイプが現れた。あれからハーフパイプは常にスノーボードの向上の役割を果たして、今日ではオリンピック種目にもなっている。

そんな中、スノーボードを最も愛するレジェンド、テリエ・ハーコンセンはさらに未来への一歩へ、新しいハーフパイプを自身でオーギナイズするビッグ大会、The Arctic Challenge 2014で行うことになった。

このハーフパイプは、これまで以上に長く、また急な斜面に設置されるとのことだ。
また、ライダーたちが楽しめて高い技術を表現できるように、ウォールライドからレールまで設置される模様。

今大会では世界から12名の選手が招待される。

以下、動画をチェックして未来のハーフパイプを覗いてみよう!

12 great and stylish riders are here to help shape the future of snowboarding. Confirmed pro riders are Olympic Halfpipe Champion, Iouri Podladtchikov (SUI), Markus Keller (SUI), Arthur Longo (FRA), Danny Davis (USA), Jack Mitrani (USA), Benji Farrow (USA), Scotty Lago (USA), as well as young guns Gabe and Ben Ferguson (USA). Terje Haakonsen (NOR) will for sure also take part himself. The concept is simple, but complex in a modern sports world: Athletes decides on arena and contest format. On Saturday (forecast: sun) a packed Oslo audience (hopefully) awaits action. The riders have three days to decide which format to perform in. The job is as obvious as difficult: Make a format that is cool for both the athletes and the spectators.