スノボ国母ソチ五輪出ない報道に戸惑い!?

本日のスポーツ誌などで、『スノボ国母ソチ五輪出ない』という報道が一斉にリリースされた。
内容としては、全日本スキー連盟の萩原文和スノーボード部長が、国母和宏は来年のソチ五輪出場を目指していないことを明らかにした、というもの。

しかし、スノーボードの大会結果などを追って来た、スノーボーダーの方には、ここ最近、国母が大会ばかりにこだわってなくて積極的な大会活動は伝わって来なかったので、むしろ国母がソチを目指すとかの方が驚きで、ソチに出ないというのは自然なこと。だから、そんな報道がドカーンと出て、戸惑いがあるというのが正直なところだ。

多くのスノーボーダーが知っているように、カズのスノーボードのスタイルは、日本人ならず世界的にも認められていて、彼が五輪で活躍しようがしないようが、色褪せることはない。カズは、日本を代表するグローバル・ライダーの一人で、多くのスノーボーダーからリスペクトされている。

ただ、この報道で改めて思うのは、前回五輪のカズの振る舞いが、今でも多くの人に強烈なインパクトを残してしまったということだ。
ある意味、成田童夢やメロのように、一般的に知名度が高いスノーボーダーになってしまっている。