ショーン・ホワイトがマネージメント会社を変更

ショーン・ホワイトは、8年間マネジメントを行っていたIMG(International Management Group)から、新たにCAA(Creative Artists Agency)に変更した。

ローリングストーン誌のカバーにも取り上げられたショーン、今ではアクションスポーツ界を越えたアメリカン・ヒーローだ。

CAAは、アメリカの4大マネージメント・カンパニーで、大物スターたちが所属することで知られている。

これからのショーンのマーケティングと、映画、音楽、テレビ出演などのマネージメントは、CAAが行うことになる。

ショーン・ホワイトのプロ・アスリートとしての価値は、アクション・スポーツではトニー・ホーク、またスポーツ全般的にもヤンキースのアレックス・ロドリゲスに匹敵するとのことだ。

現在、ショーンはBurton、Red Bull、Target、Oakley、そしてビデオゲームのUbisoftとの契約により、7.5ミリオン・ドル、およそ7億円もの契約金を得ている。
2回もの五輪金メダル獲得で、その価値はさらに高まるばかりだ。

しかも、次回の五輪ではハーフパイプと五輪種目になるであろうスロープスタイルで2冠を得られるチャンスもある。

もはや一生働くなくても暮らせるお金を稼いでしまったショーンにとってのモチベーションアップは、前人未踏の金メダル連続獲得記録しか残されていないのかもしれない。

CAAに所属する大物タレント、スポーツ選手
映画:サンドラ・ブロック、スティーブン・スピルバーグ、トム・クルーズ、ブラッド・ピット、ジュリア・ロバーツ
音楽:マライア・キャリー、スティング、ボン・ジョビ、ブルース・スプリングスティーン、スティービー・ワンダー
スポーツ選手:トニー・ホーク(スケート)、デレック・ジータ(野球)、デビット・ベッカム(サッカー)