シモンのサイン、本当はもうちょっと複雑だった

Nomisシモン・チェンバレンの古いサインが見つかった! ずっと大昔に書いたものか(?)、割り箸を入れる箸入れの紙にそのサインがあったのだ。

見つかった!幻のシモンの初期のサイン。

「ずっと前は、このサインだったのだけど、サインを書くことが多くなって、シンプルにしたんだ」
とのこと。

確かにシモンは、限定のNomisシグネチャー・フーディに世界に向けて相当な数のサインを手描きで書いている。それは、Stepchildでも同様とのこと。
その数、数千枚に及ぶことだろう。

それに加えて、ここ最近ますますスター性が増して来て、サイン書きは日常茶飯事の出来事。ファンをとっても大切にするシモンだけに、サインは決して断れない。それで、シンプルになったって、納得できるね。

だけど、シモンはすでに4年前にVitamin JIBをリリースする前から、すでにシンプルなサインを書いていたので、このオールドなサインは、Nixon Jibfestaで一躍脚光を浴びた2003年頃までのものかなあ。

現在のサインは、こんなにシンプルになっている。
dmkシモンに初遭遇した2003年。きっとこの頃のサインだろう。

お問い合わせ先
株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: info@nomisdesign.jp


http://www.nomisdesign.jp/