シモンがバンクーバー五輪に出場表明!?

来日中のシモン・チェンバレンが、来るべき母国で行われる2010年バンクーバー五輪で「出場してみたい」とコメントした。

なんとシモンが五輪参加表明!?

東京見物をしていたシモンが、たまたま2016年東京での五輪誘致の看板を見た時、バンクーバー五輪に対する思いを話す機会があった。

バンクーバー・オリンピック見に行くの?
「ぜひ、機会があればハーフパイプ大会を見に行きたいな。だけど、もしスロープ・スタイルがあるなら、僕が出てみたいよ」

えっ、マジで!
「うん、だって僕が参加できる種目だから。
でも、最近は大きなスロープ大会でも、ジブ・トリックの得点が安易に決められがちなっているように思う。以前、ケビン・ジョーンズなどが大会を制した頃は、ジャンプ・トリックだけでなくジブのトリックの難易度も考慮されていたように思うんだ。だけど、今はジブ・トリックは、簡単なものを無難に決めて、ジャンプさえ難しいものをやっていれば勝てるというような風潮になっているように思うんだ。だから、五輪種目になったらジャッジがしっかりしてジブ・トリックもしっかりとジャッジメントしていないと、ダメだけど。」

スロープスタイルが五輪種目になれば、という条件付きだが、ビデオ・スターであるシモンが五輪参加に表明したことは興味深い。

もしかしたらシモンだけでなく、他のトップ選手たちもスロープスタイルが種目になれば「五輪に参加したい」と考えている選手は、少なくないのかもしれないね。

シモンの他にジョー・セクストン、トースタイン・ホグモなども五輪に参加となれば、さらに世界中にスノーボードの魅力が広がり、スノーボードの普及につながりそうだ。ぜひスロープスタイルが五輪種目になってほしいものである。

ちなみに現在のスノーボード五輪種目は、ハーフパイプ、スノーボード・クロス、そしてアルペン種目(パラレル・ジャイアント・スラローム)となっている。将来的にもスロープスタイルの方がよりメジャーなスノーボード種目になることも考えられるから、やぶさかではない話だったりするかも!?


お問い合わせ先

株)フィールドゲート
ディーエムケー・グローバル事業部
Tel: 03-5825-8187
e-mail: aya-k@nomisdesign.jp  


http://www.nomisdesign.jp/