ウィスラーがオープン!

世界のスノーボーダーを吸い寄せるウィスラーが本日(カナダ18日)にオープンした。
ウィスラーからの公式リリースによると7000人ものスキーヤー、スノーボーダーが訪れたのこと。またオープンしているエリアも1000エイカー以上との発表。シーズン初日からすでに真冬のようなコンディションで好スタートを切った。

写真上)朝一番ならビレッジ・ゴンドラ待ちも20分ほど。9時過ぎからさらなる混雑が始まるので、その前には上がりたい。
写真下)ランボルフィシュのライダーのタクミがいきなり初登場のウッド・アイテムに挑んだ!

朝8時半オープン前にはすでに長い列ができていてディズニーランド状態か?と思わせたが、列の動きは意外に早く20分待ちほど。昨年のブラッコム・オープン時に比べれば、ずいぶんとスムーズな展開だ。午前10時ぐらいまでは滑走エリアのリフト待ち時間も15分ほどだった。

肝心の雪質の方はかなり良い!この日、滑ったスノーボーダーの誰もがいくらかのパウダーは食えているだろう。やや重いパウダーであったが、久々のパウダーは最高だ。
圧雪されたコースは、気持ちよくカービング・ターンができるコンディション。初心者でも快適な雪質だった。
ただレッド・チェアの乗り場付近など、中間ステーションに近づくエリアは固めだった。
シーズン初めなのでトゥリーの中やコース外に出てしまうと、思わぬところに岩は木が出て来るが、普通のコースを滑っていればまったく問題なし。

パークはすでにオープンして、レールやボックスなど6つの擦り系アイテムがあった。その中には本当の丸太がドカンと置かれたアイテムもあった。

ピーク・チェア、ハーモニー・チェアなど森林限界の上まで行けるリフトはまだオープンしていないが、何しろ規模の大きいウィスラーでの初滑り。今オープンしているエリアで充分という印象を持ったスノーボーダーが多かったようだ。
久しぶりのライディングに、リフト待ちしているスノーボーダーの笑顔が印象的なオープン日となった。

dmkではウィスラー/ブラッコムの割引リフト・パス、
各種シーズンパスの販売を販売しております。
くわしくはこちらのページで。

http://www.dmksnowboard.com/whistler/index.htm


http://www.whistlerblackcomb.com/